仕事インタビュー

実社会で活躍するビジネスパーソンからのメッセージ

「食のジェネラリスト」への期待

本学は、「高度な専門性を兼ね備えた食のジェネラリスト」「実社会における即戦力人材」の育成を目的として設立された大学です。地域・産業からも食にかかわるあらゆる分野で活躍できる人材を育成することが期待されています。講義においても実際に社会で活躍されているビジネスパーソンの方々より講演をいただくことで、実社会の第一線で活躍するために必要な知識・技術を学ぶことができます。

新潟を起点に、ターゲットはグローバルに。

株式会社吉野家ホールディングス 会長 安部 修仁

我々が属する「フードサービス業界」の魅力は、大きく分けて2つあると考えています。1つは素材の調達から最終商品に仕上げるまでの過程に携わり、商品やプロセスの設計・修正など、商品のデザインからオペレーションまでを一貫して行うことができること。もう1つは、お客様が商品を食され、どのような評価をしてくださるのか?その結果までを実感できることです。私もこれらに面白みを感じています。

一方この面白みを感じる原点、食に携わる際の出発点として大切なのは「人々が食事をして、満足感や喜びを感じているシーン」をイメージできることです。このイメージを実現するために、加工、食材生産…とさかのぼり、1つ1つの整合性を保ちながら、大事に工程を創り上げていくのです。これは一朝一夕ではできない遠大な取り組みですが、ダイナミックな試行錯誤に面白みがあり、“食のジェネラリスト”としての学びがあってこそ、この重要性を理解し実現できるのだと思っています。

また、今後食の分野で活躍を目指す皆さんが、新潟を起点に様々な取り組み・動きを始める時には、ぜひターゲットを地域や国内だけではなく、アジアを始めとした世界に置いてください。世界においては「アジア全体が1つのマーケット」であり、日本はアジアの1つの地域にすぎません。ターゲットをグローバルに考えることで、「世界的なビッグビジネス」に結び付く可能性が大いにあります。そのためにもまずは、目の前のことに一生懸命に取り組むこと。今の役割を全力で果たすことの積み重ねや連続性が、次のステージやシーンを作り出してくれます。

食に様々な付加価値をつけて多くの人を幸せにする。それが食品加工業の使命。

キユーピータマゴ株式会社 代表取締役社長 髙宮 満

食には価値があり、文化があり、そこに喜びやコミュニケーションが生まれます。また、食は生命活動であり、人を幸せにするものです。しかし、食が“生鮮”だけでは、その幸せを多くの人に伝えることが難しくなります。なぜなら、腐ってしまったり、栄養や品質が劣化してしまったりするためです。そこで食品加工業は食を加工することにより、保存性の高さなど様々な付加価値をつけ、お客様が求める食の形に対応してきました。私はここに、食品加工業の使命があると思っています。

入学直後から社会での活躍を見越し、食・農・ビジネスのつながりを学ぶこの大学は大変ユニークで、何よりも「社会で活躍する“食のジェネラリスト”を育成する」という大学コンセプトに共感しています。この大学で学んだ人なら、1次産業(生産)が生み出した価値を消費者が求める価値に変換することができる。そして、経済サイクルを回すことで、日本の未来を支えていく。そんな“食のジェネラリスト”になってください。

まずは、食べ物と農作物に興味を持ち、原理・原則を学び・体験すること。そして最後に「儲かる仕組み」を意識してください。売れることや利益というものは、作ったものの価値を認めてもらうという大切なことですから。

農業とは、人間の根本となるものを作る仕事。

JA胎内市代表理事組合長 齋藤 和信

私の農協労勤役員としての勤務歴はまだ10年で、それまではずっと農業をやっていましたので、農業に関しては様々な経験があり、面白さを感じてきました。

農業は「食料」、つまり人間が生きていくうえで必要不可欠なもの、根本となるものを作る仕事です。一生かけてやるひとつの仕事として非常に魅力のあるものだと感じており、農協としてもそんな農家の方々を応援できる良い仕事だと感じています。

私が農業をやってきたなかで、一つだけ後悔したことがあります。それは、農作物を育てることに集中してしまい、それらが消費者の口に入るまでの流れについては無頓着であったことです。今の時代、農業も「消費者のニーズに沿うこと」が大切です。入学後は、農作物を育てるだけでなく、その後の流れも総合的に学び理解してください。また、地域の農業や胎内市の状況を理解してもらえるよう、我々農協の職員も授業でお伝えしていきます。「若い人がいる」という状況は、地域が活気づく元になりますので、ぜひたくさん出かけ、地域を盛り上げ、多くの経験をしてください。

人間の根本となるものを作る「農業」を起点として様々なことを学ぶ日々は、必ずやキミたちの人生と社会の力となることでしょう。

「食農の匠」からのメッセージ

現代の食料産業界(生産、加工、流通、販売)をリードする「食農の匠」から、これからの未来を担うみなさんへメッセージをお届けします。

私たちの体は、私たちが食べたものでつくられています。「食」に関わる仕事は人々の「いのち」を支える仕事でもあります。「食」の生産から加工、販売まで、「食」に関わる仕事の現場で働く「食農の匠」たちが何を想い、どんなモノづくりをしているのかをインタビューしてきました。「食」の分野で活躍するキミの未来を見つけよう!

食でお客様の命を守り、おいしさを届ける

株式会社すかいらーくホールディングス 検査室スタッフ 郷ひかるさん

現在当社では、年間約4億人のお客様にご利用いただいており、安全・安心な商品を提供するために店舗や自社工場で食材の取り扱いや食品衛生の教育など細かな指導を行っています。私は大学で学んだ知識を活かしたいと思い入社しました。店舗での勤務を経て、一緒に働く様々な年代の方に、「もっと衛生に興味を持ってもらいたい」と思うようになりました。

衛生管理の仕事は、お客様の命にかかわることもある責任が重い仕事ですが、その分やりがいもあります。店舗や工場の査察では、食品衛生の知識を理解していただくために監査先に警戒されたり、緊張感が生まれてしまうこともあります。その中でも、積極的にコミュニケーションをとり、相手の緊張をほぐすことや、私自身も相手の気持ちになって伝えていくことを常に心がけています。また、この品質管理部門では、リーダーを含め女性が多く活躍しています。

高校生の皆さんには、学校生活やプライベートでジャンルを問わず様々な経験をしてほしいと思います。私自身も、飲食業界未経験で入社しましたが、店舗での勤務経験を活かし、現在の仕事にたずさわtることができています。今後は、自身が担当しているブランドをお客さまや働いている社員から愛されるブランドにしたいという大きな目標があります。

新潟の農業に挑戦する

株式会社エンカレッジファーミング 生産管理 近藤史章さん

自身の会社でトマトの栽培やマーケティングを行っています。1年前からCO2や光の強さを自動で調整できる最新の機器を取り入れた温室でのトマトの栽培をはじめ、現在では新潟県内の有名スーパーへの出荷や、大手食品メーカにも当社のトマトを取り扱っていたただいています。

仕事をする上で意識していることは、「市場が何を求めているか」を考える視点です。品質が良いもの、味がいいものは必ず市場にマッチします。また、トマトは1年中人気のある野菜のため、年間を通して出荷できることは取引先にとても喜ばれます。これらの市場のニーズに応えるため、新潟という環境にとらわれず、様々な方法に挑戦してきました。

今後も様々な作物の栽培に挑戦し、新潟の農業に挑戦していきたいです。この仕事のやりがいは、自分が作ったものが店頭に並び、お客様の手に届く様子が見れるところです。これから「食」の分野での活躍を目指す皆さんにも、一からモノづくりにたずさわり、自分の手で育て上げたものが人に喜ばれるときの達成感をぜひ味わってほしいです。

紹介動画を見る

「食」で日本の文化を支え、発展させる

一正蒲鉾株式会社 聖籠向上 工場長 加藤晴市さん

「かまぼこ」、「さつま揚げ」、「ちくわ」、「おでん」、「伊達巻」、「カニカマ」など幅広く製造しています。特に「かまぼこ」や「伊達巻」は日本の伝統食品であり、おせち料理など日本の食文化に欠かせないものです。

入社のきっかけは、アルバイトで「かまぼこ」の製造にたずさわった時に、「自分が作ったものが商品になる」経験がとても面白く、自分の手で直接食感や味に影響することがすばらしいと思ったことです。現在は工場長としてモノづくりだけでなく、社員のマネジメントにもたずさわっています。

この仕事のやりがいは、日本古来からの伝統ある「かまぼこ」や「おせち料理」を作り、日本人としての伝統行事を自分たちで支え、全国の人が食してくれるというところにあります。そしてそれに応えようとする社員の熱意がさらに良いモノづくりを進めることができるのです。

今後は次世代の人財育成に取り組み、モノづくりを通して、人としての成長ができる環境を整備していきたいと考えています。次世代の食をリードする皆さんが日本の伝統食品である「かまぼこ」や「伊達巻」を発展させ、さらに世界に発信していってほしいと思います。

モノづくりにやってやれないものはありません。作ろうと思ったものは努力を続ければ必ず作れる、その達成感をぜひみなさんに経験してほしいと思います。

「農」と「業」を両立させる

株式会社 ローソンファーム新潟 代表取締役社長 後藤 竜佑さん

農業は何千年も前から営まれ、今日まで継続されてきた一度として消えたことがない仕事である一方、日本の現実は、少子高齢化により担い手が不足しています。そのことは、若者が活躍して新しいことにチャレンジできる場がたくさんでき、チャンスのある仕事になったといえます。

そう考えた私は、高校卒業後に日本とアメリカで農業を学び、生まれ育った新潟で生産者となりました。独立しローソンファーム新潟を設立したのは2015年3月、27歳の時です。その年の秋には、収穫した米やその米を使ったおにぎりが店頭に並びました。すると、日頃付き合いのある知人だけでなく旧友からも「美味しかった」という声が、私のもとに届いたのです。自分の仕事で多くの人が喜ぶ、農業のやりがいをダイレクトに感じた瞬間でした。

徐々に生産の規模を拡大し、他の生産者や異業種との交流も盛んになったことで、生産だけでなく、その先の加工や流通、そして食卓までを意識するなど仕事の世界観が広がり、農業や経営に向けたアイデアの発見もありました。

食文化を支える「農」とビジネスとしての「業」を両立させ、作る人と食べる人に笑顔をもたらすことが、古くて新しい農業に挑む私の夢です。

実社会で活躍するビジネスパーソンの話が聞ける!

ゲストスピーカーによる講義一覧(2018・2019年度実施)

起業イノベーション論

  • 胎内市役商工観光課 浮須 崇徳様
  • JAえちご上越 営業部 部長 岩崎 健二様
  • 有限会社穂海 株式会社穂海 代表取締役 丸田 洋様
  • 株式会社宮崎商店(富寿しグループ)取締役副社長 宮崎 富夫様
  • 株式会社クーネルワーク マーケティング部 マネージャー 一木 幸之佑様
  • 株式会社ブルボン 常務取締役 浅野 和男様
  • 株式会社和僑商店ホールディングス 代表取締役 葉葺 正幸様
  • 新潟クボタ 代表取締役社長 吉田 至夫様
  • ノルウェー王国大使館 通商技術部 シニアマーケットアドバイサー 中山 圭介様
  • オランダ王国大使館 農務アドバイザー 斎藤 裕子様
  • 新潟食料農業大学 特別学術顧問 大泉 一貫様
  • アクシアル リテイリング株式会社 取締役社長 原 和彦様
  • エンカレッジファーミング 代表取締役 近藤 敏雄様

食品開発・製造論

  • カゴメ株式会社 国際事業本部 グローバル品質保証部長 深谷 哲也様
  • 日東アリマン株式会社 専務取締役 佐久間 欣也様
  • 一般財団法人食品産業センター 技術環境部次長 堀池 俊介様

食品物性学

  • 東京海洋大学 海洋生命科学部 准教授 福岡 美香様

食品学概論

  • 一般財団法人 食品産業センター企画調査部 参事 村林 伸嗣様
  • 朝日酒造株式会社 取締役 経営企画部 部長 新野 義弘様
  • 中越酵母工業株式会社 製造部部長 木戸 隆様
  • 山崎醸造株式会社 取締役製造部長 安藤 秀喜様

食品物性学

  • 東京海洋大学 海洋生命科学部 准教授 福岡 美香様

食品学概論

  • 一般財団法人 食品産業センター企画調査部 参事 村林 伸嗣様
  • 朝日酒造株式会社 取締役 経営企画部 部長 新野 義弘様
  • 中越酵母工業株式会社 技術・品質管理部 部長 木戸 隆様
  • 元山崎醸造株式会社 元取締役製造部長 安藤 秀喜様

食品製造学

  • 新潟県農業総合研究所食品研究センター 研究員 細野 良太様

食品安全学

  • 新潟県福祉保健部生活衛生課 副参事 石動 政直様
  • 株式会社ニチレイ 取締役 川崎 順司様
  • 公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 NACS消費生活研究所 所長 戸部 依子様

動物生産学

  • 東京海洋大学 学術研究員 海洋生物資源学部門 准教授 遠藤 雅人様

ビジネスプランニング

  • 長岡大学経済経営学部 教授 栗井 英大様
  • 一般社団法人新潟県起業支援センター (起業支援センターながおか) 代表理事 
    新潟食料農業大学 ビジティングフェロー 高橋 秀明様
  • 田中税務経理事務所営業・相続部長 税理士 新潟食料農業大学ビジティングフェロー 田中 悠馬様
  • 管理栄養士 FOOD DESIGN HONMA代表 新潟県6次産業化プランナー
    新潟食料農業大学ビジティングフェロー 本間 真弓様