クラブ・サークル

指定強化部

自転車競技部

「食」の総合大学で、しっかり学びながら、新潟の大自然のなかで心身共に“強い”ロードレーサー、トラックレーサーを目指します。スポーツ科学専門家指導のもと、日々練習に励んでいます。最大の特徴は胎内の自然豊かな練習コースとパワーデータ分析による科学的な指導です。日本海からの海風を受けながらの長距離走、田園風景のなかでのスプリント、飯豊山地の激坂ヒルクライムなど、自転車競技の練習に必要な環境がすべて揃ったこの地で、一人ひとりの才能を磨き上げます。

Topics

創部1年目にしてインカレ出場!

自転車競技部は、指定強化部として本学の開学と共に創部されました。スポーツ科学専門家指導のもと、胎内の自然豊かな練習コースとパワーデータ解析による科学的な指導で、創部一年目よりインカレ(全国大会)に出場する選手を輩出しています。学内の室内トレーニングや施設、遠征用バスの運行など、部員の皆さんの自主練習や試合参加をサポートしています。

スタッフ

監督 山口 英生

慶應義塾大学自転車競技部の主将を務め、全日本、インカレ、国体に出場経験を持つ。日本学生自転車競技連盟常務理事、日本アマチュア自転車競技連盟総務委員、慶應義塾大学ヘッドコーチを歴任し、インカレチャンピオンを輩出するなどの経歴を持つ。
(新潟食料農業大学ビジティングフェロー、日本学生自転車競技連盟評議員)

部長 中井 裕

東北大学教授時代は学友会サイクリング部部長。サイクリングおよび自転車メカを趣味とし、かつて青森-筑波間700㎞を35時間で単独走破。
(新潟食料農業大学副学長・学部長・教授)

コーチ 中井 琢

現在、競技を続けながら東北大学大学院医学系研究科に在籍し医学的視点を加えてトレーニングを指導。
[おもな戦績]全日本学生選手権トラック男子タンデムスプリント優勝(2017)、国民体育大会チームスプリント第3位(2017)、国民体育大会スプリント第4位(2018)
(新潟食料農業大学ビジティングフェロー、東北大学医学系研究科博士課程、現役国体選手)

ストレングスコーチ・理学療法士 佐々木 雄大

新潟医療福祉大学卒業。理学療法士免許、日本理学療法士協会認定運動器理学療法士、NSCA-CSCS(米国のアスリートのトレーニング指導認定資格)、COMT(運動器疾患やスポーツ外傷治療国際基準)を取得。
(こん整形外科クリニックハビリテーション科、東京オリンピック自転車競技メディカルサポートスタッフ)

Message

自転車競技部は、文武一道を第一としています。文武一道を実現することで社会人になった時に役立つ広い視野と豊かな人間性を身につけることができます。練習では、最新の機器を使ってペダルを漕ぐ際の出力を計測し、そのパワーデータを解析した科学的トレーニングにより今行うべき練習や事前にケガを予防することができるのが特徴です。キャンパス周辺の海岸沿いは信号がなく、そのなかをノンストップで走ることができるので、新潟の自然豊かな大地で楽しく、効率良く練習できます。僕たちと一緒に日本一を目指しましょう!

食料産業学科3年 フードコース
主将 西村 剛
(滋賀県:瀬田工業高校出身)

方針

  1. 学業を第一とします。
  2. 部の活動においては、学生の自主性を重んじます。
  3. 安全性を重視し、ケガ、故障に十分に配慮した指導体制を取ります。
  4. 日本学生自転車競技連盟登録選手として活動します。
  5. ロードレースを中心とし、トラックレースの短・中長距離種目への出場を視野に入れます。

大会実績

2019
  • 全日本学生RCS 第4弾 クラス3B 優勝 多田雄飛 選手
  • 全日本学生RCS 第4弾 クラス3D 優勝 渡邉八起 選手
  • 全日本学生選手権ロード 33位(170人中51人完走) 渡邉八起 選手
  • 第74回国民体育大会(いきいき茨城ゆめ国体) 滋賀県代表 西村剛 選手
2018
  • 全日本学生選手権 トラックポイントレース 出場 西村剛 選手
  • 全日本学生RCS第4戦・白馬クリテリウムラウンド クラス3 優勝 西村剛 選手
  • 全日本学生選手権ロード 出場 西村剛 選手
  • 第73 回国民体育大会(福井しあわせ元気国体) 滋賀県代表 西村剛 選手

2020年度部員数

  • 3年生:2名
  • 2年生:4名
  • 1年生:8名

総合型選抜 スポーツ型

年間の学費の内80万円を最大4年間減免する「スポーツ特待生」にチャレンジしよう!

総合型選抜 スポーツ型

柔道部

Topics

自ら考え、みんなで創造する柔道部

自ら考え自分自身の柔道をプロデュースし、監督と部員がともに創造していく柔道部を目指します。大学生として、また柔道部員としての約束事のなかで、目標に向かって自分自身の柔道を高めていく楽しさを感じてほしいと考えています。

スタッフ

監督 星野 力(柔道整復師)

1996年に白根柔道連盟鳳雛塾を立ち上げ少年柔道指導。2013年より全日本柔道連盟少年競技者育成コーチ(日本オリンピック委員会強化スタッフ)として活躍。

  • 講道館柔道六段
  • 全日本柔道連盟公認指導者資格Aライセンス
  • 全日本柔道連盟少年競技者育成コーチ 2013年~現在
    (オリンピック委員会強化スタッフ)
  • 東京オリンピック内定選手輩出 白根柔道連盟鳳雛塾にて(2020年3月現在)

Message

学生自らが、技術・栄養・トレーニングなどの情報を収集して持ち寄り、自らの柔道・自らの身体を作り上げていくことの楽しさや喜びを感じてもらいたいと考えています。考える柔道の楽しさこそが、柔道の喜びであり、これまで厳しい鍛錬を積み重ね、身につけてきたものをさらに高めてくれるはずです。

柔道部
監督 星野 力

方針

1.少年柔道指導者の育成

監督自らが23年間培った少年柔道指導のノウハウを伝え、実際に部員が少年柔道指導にかかわりながら少年柔道指導の魅力とやりがいを感じ将来的に柔道振興・発展に貢献できる人材の育成を目指します。

2.自主自立による部の運営

技術・フィジカル・メンタルなどの情報を学生が自ら収集し実践できる柔道部を目指します。また、それらにより競技力の向上・情報収集の喜び・工夫する力の養成を目指します。

総合型選抜 スポーツ型

年間の学費の内80万円を最大4年間減免する「スポーツ特待生」にチャレンジしよう!

総合型選抜 スポーツ型

男子ラグビー部(2020年4月 創部)

Topics

日本一の名将が率いる『日本一を目指せない』ラグビー部

2020年4月、男子ラグビー部が新たに新設され、高校全国優勝の指導者のもと、関東大学リーグ加盟を目指し活動をします。5部からのスタートとなりますので、4年間で日本一にはなれませんが、谷崎監督がラグビーを通して伝えたいのは、人と関わり社会のなかで生きていく人間力です。

スタッフ

監督 谷崎 重幸

東福岡高校ラグビー部監督として、花園大会優勝4回。2009~2011年は選抜、国体、花園の全国3冠3連覇、公式戦113連勝。2013~2016年度に法政大学ラグビー部監督を務める。

  • 2014年度 文部科学大臣優秀教員表彰
  • ニュージーランドラグビーコーチングレベル1,2

Message

ラグビーボールは『自由の象徴』。常にチームの先頭にボールがあり、選手一人ひとりのアイデアと判断がボールに凝縮され自在に操られる。それを仲間がサポートし、更に意志あるように繋がれ…ゴールに向かって導かれて行く!そこがラグビーの楽しいところ、面白いところ。創造力とアイデアを実践する環境がNAFU RUGBYには準備されています。

男子ラグビー部
監督 谷崎 重幸

方針

1.人格・品格・人物形成

常識の中の非常識・非常識の中の常識!本当に大切なものは目に見えないところにある。ラグビーの心の修養と実践で、NAFU RUGBY文化の創造者になろう!

2.個の尊重

お陰様で今がある。今は今だけ! 今に感謝。今を楽しもう!〈今=君〉一人ひとりの持ち味・強みを生かした…NAFU独自のRUGBYを創造しよう!

3.自律と調和

可能性は無限!時間は有限。逆算の主体性で…今を楽しもう!タックルの心『殺身為仁』を言動の基準とし、自由な発想と積極的なチャレンジの実践を尊重し歓迎します。創造力を発揮することは、NAFU RUGBY一員としての義務です。

総合型選抜 スポーツ型

年間の学費の内80万円を最大4年間減免する「スポーツ特待生」にチャレンジしよう!

総合型選抜 スポーツ型

活動支援クラブ

学内外の施設や胎内市の自然を練習の場とし、経験豊富な外部コーチのもと、全国大会出場を目指します。遠征費や試合参加費の一部補助、連盟登録料の全額補助など、各競技に集中できるよう資金援助を行います。また、高校の部活動での経験を活かし、活動支援クラブで新しい競技に挑戦する学生の活躍もサポートします。

※総合型選抜(スポーツ型)の「スポーツ特待生制度」対象クラブです。

ゴルフ部

活動拠点の櫛形ゴルフ倶楽部は胎内キャンパスから車で15分の好立地。コース運営補助をしながらコースや練習場の利用が可能です。プロコーチによる指導など競技に打ち込める環境が整っています。

バトミントン部

本学体育館に専用コートを設置。指導経験豊富な外部の強化コーチのもと、「食とスポーツ」「生涯スポーツ」などをキーワードとして地域との交流活動も行います。

陸上競技部

国立スポーツ科学センターでの経歴を持つ本学教員が指導を務めます。学内および胎内市陸上競技場を拠点に活動を行い最新トレーニング方法を用いて、競技力の向上を目指します。

卓球部

本学体育館に専用台を設置。指導経験豊富な外部の強化コーチのもと、「食とスポーツ」「生涯スポーツ」などをキーワードとして地域との交流活動も行います。

Message

2019年4月より活動支援クラブとして「ゴルフ」「陸上競技」「バドミントン」「卓球」の4つの部活動を創部しました。各クラブにおいて経験豊富なコーチによる指導のもと、学内および学外の施設を利用して全国大会入賞を目標に取り組んでいきます。将来的には、強化指定クラブへの昇格および全国大会での上位入賞を目指していきます。自分自身の能力を限界まで高めることができるように、努力する楽しさを本学で一緒に体験しましょう。

活動支援クラブ 総監督
山中 亮(食料産業学部 講師)

総合型選抜 スポーツ型

年間の学費の内80万円を最大4年間減免する「スポーツ特待生」にチャレンジしよう!

総合型選抜 スポーツ型

クラブ・サークル

大学生活をより楽しいものにしてくれるクラブ&サークル。食農大ならではのサークルもあります!
もちろん、自分たちで新しいサークルを立ち上げてもOK!キャンパスライフを充実させよう!


フットサル

食文化

軽音

国際文化交流

イラスト

野球

ボードゲーム

橙和祭実行委員会

クラブ

  • 軟式野球クラブ
  • 食文化クラブ
  • 6次産業化クラブ

サークル

  • カバディサークル
  • 卓球サークル
  • SCP(ボードゲームサークル)
  • フットサルサークル
  • 剣道サークル
  • バスケットボールサークル
  • サッカーサークル
  • カラオケサークル
  • 軽音楽サークル
  • ソフトテニスサークル
  • 国際文化交流サークル
  • バドミントンサークル
  • ラーメンサークル
  • イラストサークル
  • 園芸サークル など

おすすめコンテンツ