農業と経営を一緒に学び、「味」と「販売戦略」を考える。

食料産業学科2年 ビジネスコース
小松 凌
(茨城県:鉾田第一高校出身)

私の今

農業と経営について一緒に学べる大学は全国でもここしかない!と思い本学を志望しました。初めての県外での1年間はあっという間に過ぎましたが、その分多くのことに挑戦しとても充実しています。特に印象的だったのが、農学基礎実習です。僕の実家は農家ですが、米の栽培しか経験したことがなかったので、畑やビニールハウス、温室で野菜の栽培をすることは、すべてが新しい経験でした。僕が野菜の栽培を学ぶことで実家での野菜作りにも貢献したいと感じました。

私の未来

農業ビジネスやマーケティング、会計などを学び、実家の農業の経営規模を大きくしていきたいです。キャンパスの近くの坂井地区では、休耕田を活用して農薬を使わないお米作りにも挑戦し、農薬や農機具があることの便利さに改めて気づき、農薬を使わない大変さも実感することができました。自身の作るお米のブランド力を高めるため、いかにおいしく作るかという「味」と、いかに多くの人に食べてもらうかという「販売戦略」について学んでいきたいです。

MESSAGE for YOU

本学には各分野に精通した先生が多数在籍しているので、入学時に研究したい分野が決まっていなくても、学生生活のなかで、必ずこれを学びたい!という分野がみえてきます。