施設・機器

胎内キャンパス

胎内キャンパス

胎内市は山、川、平地、海と農林水産業に必要な要素がすべてそろい、平野と中山間地の縮図ともいえる地域です。また地域の特産である米粉商品等の開発に積極的に取り組んでいます。特色ある農業や食品加工を通じた地域活性化に力を入れている胎内市で伝統の「食」と「農」を学びます。

胎内キャンパスマップ

憩いの広場

いこいの広場

春には桜、秋には紅葉など四季の移り変わりを楽しめる広場です。お弁当を食べたり、並木道を歩いたり、豊かな自然のもとゆっくりと過ごせます。

学生食堂

学生食堂

日替わりメニューを低価格で提供する学生食堂です。ガラス張りで景色もよく、昼休みに友達とコミュニケーションをとる場としても最適です。

体育館

体育館

授業だけでなく、昼休みやサークル活動で利用できます。アリーナにはウエイトマシーンも設置しています。

エントランス

エントランス

本学のメインカラーであるオレンジ色のソファーが学生たちを暖かく迎えます。スクールバスまでの待ち時間などにリラックスして過ごせます。

図書館

図書館

約7,500冊の書籍が揃う図書館には、自習スペースやミーティングルームもあり、レポートの作成や課外活動の打ち合わせもできます。

学生ラウンジ

学生ラウンジ

景色の良さNo.1!日本海を眺めながらおしゃれなスペースで休憩できます。机にはコンセントも完備しているので、レポート作成にもぴったりです。

pickup充実した実習設備・実験機器

ガラス温室

ガラス温室

温度や湿度、養分などを一定に保ちながら、作物の栽培を行います。雪国新潟でも天候に左右されることなく安定して実習や研究を続けることができます。

畑

全員が畑での実習を行います。ジャガイモやエダマメ、トウモロコシなどを栽培し、化学肥料と有機肥料での味の違いや栽培管理などを学ぶことができます。

フード学生実験室

フード学生実験室

化学実験・微生物実験や加工食品の製造工程・製造技術の実験・実習などを行います。食品や農作物に含まれる栄養素や糖度の測定、食品の加熱や真空状態での缶詰製造などを行うための実験機器が揃っています。

微量成分分析室

微量成分分析室

主に水分中や土壌中、農作物や食品に含まれる栄養素や微生物、DNAなどを解析できる機器が揃っています。特に「リアルタイムPCR装置」と呼ばれる機器では、DNAの量を測定することができるため、細菌やウイルス、遺伝子組み換えや異物混入など、「食」「農」分野における高度な研究を行うことができます。

超深度マルチアングル
顕微鏡システム

超深度マルチアングル顕微鏡システム

光学式顕微鏡と電子顕微鏡のメリットを掛け合わせた超高性能の顕微鏡。対象物を3Dやカラーで観察することもでき、食品の歯触りや、微生物の増殖の様子など、新しい食品の開発や、農作物の病原菌の調査などの高度な研究に使用されます。

遠心分離機


遠心分離機

医療用としても使用される、微生物やDNAと水分などのほかの成分を分離させることができる機器です。1分間で1万回転することで、対象物を分離させます。

新潟キャンパス

新潟キャンパス

新潟市は、大規模農業の改革拠点として国家戦略特区に指定されています。農産物の高付加価値化の実現、農業所得の向上、商品開発・加工・販売の強化、耕作放棄地の解消など、食料・農業分野の課題解決に向けた様々な取組が行われている日本の農業の改革拠点で最先端の「食」と「農」を学びます。

社会連携推進室

社会連携推進室

地域産業との連携拠点となる一室です。ガラス張りで開放的な空間なので、気軽に立ち寄ることができます。

学生ラウンジ

学生ラウンジ

ランチタイムにお弁当や、毎週替わるキッチンカーで購入した食事を食べることができるラウンジです。ホワイトボードもあるのでグループワークの打ち合わせもできます。

大講義室

大講義室

200名が一度に授業を受けられる大講義室です。新潟キャンパスでは、農業特区である新潟市ならではの、最先端の「食」「農」に関わる「ビジネス」を学ぶことができます。

※1・2年次は胎内キャンパスがメインキャンパスとなり、
3年次よりアグリコース・フードコースは胎内キャンパス、
ビジネスコースは新潟キャンパスで学びます。

  • 新潟食料農業大学 公式Facebook
  • 新潟食料農業大学 公式Twitter
  • 新潟食料農業大学 公式LINE

Copyright © Niigata Agro-Food University All Rights Reserved.

ページトップへ戻る