食料産業学科の特色

国内外で活躍する“食のジェネラリスト”を育成

本学では、1年次から4年次まで「共通課程」でフードチェーン全体を学び、2年次より“アグリコース”“フードコース”“ビジネスコース”の3つの「コース課程」で専門知識・技術を修得します。

さらに4年間を通して、企業で活躍するための実践力、世界に日本の食を発信する英語力を身につけ、国内外で活躍する“食のジェネラリスト”を育成します。

4年間の学習プロセス図

【ポイント1】フードチェーンを学ぶ(1年~4年次)

本学部では「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶことで、これからの食料産業界の発展に不可欠な“フードチェーン”全体を理解します。
4年間を通して食料産業全体を理解する共通課程と、2年次から引き続き「食」に関わる全体的な教育・研究に加え、3つのコース課程で専門的な知識・技術を修得します。一つの学問だけにとらわれずサイエンス(科学)・テクノロジー(応用技術)・ビジネス(経済・経営)を横断的に学ぶことで、高度な専門性を修得した“スペシャリスト”と、食料産業界の“ジェネラリスト(総合職人)”の両方を身につけた人材を育成します。

【ポイント2】3つのコース制(2年~4年次)

2年次からアグリ・ビジネス・フードの3つのコースに分かれそれぞれの専門的な知識・技術を学び・研究していきます。
また、他コースの講義科目を履修することも可能で、「アグリコース」×「ビジネスコース」、「フードコース」×「アグリコース」など、食料産業を横断的に学び、新たな技術の開発や事業を創造していきます。

3つのコース

【ポイント3】 他コースとの連携講義(4年次)

4年次には、自身の研究と他コースとの連携講義で、新しい時代の食料産業を創造する力を修得します。「卒業研究Ⅰ・Ⅱ」では、各コースの担当教員のもと自身で定めたテーマに沿って研究に取り組みます。
また、「食」「農」「ビジネス」の学びを統括する本学ならではの講義である「食料産業実践論Ⅰ・Ⅱ」では、他のコースの学生と連携・協同して実際にビジネスプランを立案するなど、各分野の専門性を兼ね備えた食料産業界の“ジェネラリスト(総合職人)”としての力を身につけます。

【ポイント4】世界を舞台に活躍できる人の育成

本学では、英語を4年間必修で学ぶほか、語学研修や海外実習なども希望者を対象に実施しています。また、留学生も在籍しており、普段の授業からクラスメイトとして交流しています。学問として「英語を学ぶ」のではなく、英語学習や留学生との交流を通じて、「世界的な視野」を身につけるための「グローバル教育」を実施し、イノベーション力・コミュニケーション力・国際力を磨きます。