食料産業学科の特色

国内外で活躍する“食のジェネラリスト”育成プログラム

本学では、1年次から4年次まで「共通課程」でフードチェーン全体を学び、2年次より〈アグリコース〉〈フードコース〉〈ビジネスコース〉の3つの「コース課程」で専門知識・技術を修得します。さらに4年間を通して、企業で活躍するための実践力、世界に日本の食を発信する英語力を身につけ、国内外で活躍する“食のジェネラリスト”を育成します。

カリキュラム

【ポイント1】フードチェーンを学ぶ(1年~4年次)

本学部では「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶことで、これからの食料産業界の発展に不可欠な“フードチェーン”全体を理解します。
4年間を通して食料産業全体を理解する共通課程と、2年次から引き続き「食」に関わる全体的な教育・研究に加え、3つのコース課程で専門的な知識・技術を修得します。一つの学問だけにとらわれずサイエンス(科学)・テクノロジー(応用技術)・ビジネス(経済・経営)を横断的に学ぶことで、高度な専門性を修得した“スペシャリスト”と、食料産業界の“ジェネラリスト(総合職人)”の両方を身につけた人材を育成します。

【ポイント2】3つのコース制(2年~4年次)

2年次からアグリ・ビジネス・フードの3つのコースに分かれそれぞれの専門的な知識・技術を学び・研究していきます。
また、他コースの講義科目を履修することも可能で、「アグリコース」×「ビジネスコース」、「フードコース」×「アグリコース」など、食料産業を横断的に学び、新たな技術の開発や事業を創造していきます。

3つのコース

【ポイント3】 他コースとの連携講義(4年次)

4年次には、自身の研究と他コースとの連携講義で、新しい時代の食料産業を創造する力を修得します。「卒業研究Ⅰ・Ⅱ」では、各コースの担当教員のもと自身で定めたテーマに沿って研究に取り組みます。
また、「食」「農」「ビジネス」の学びを統括する本学ならではの講義である「食料産業実践論Ⅰ・Ⅱ」では、他のコースの学生と連携・協同して実際にビジネスプランを立案するなど、各分野の専門性を兼ね備えた食料産業界の“ジェネラリスト(総合職人)”としての力を身につけます。

【ポイント4】あらゆる分野で活躍できる人の育成

食・農・ビジネスの一体的な学びにより食にかかわるあらゆる分野で活躍できる人材を育成します。

英語学習について

4年間継続して英語を学ぶことで、ビジネスの海外展開など日本の食料産業の発展に必要な英語力を身につけます。

総合英語Ⅰ~Ⅳ

世界の食文化や国際問題を題材にした教材、TOEIC試験で使用された問題を用いて、 英語の読解力やリスニングの向上を目指します。

海外研修(希望制)

食料産業の輸出入が盛んなオーストラリアで海外研修を実施します。クイーンズランド大学での語学研修・専門講義、現地の食・農・ビジネス現場の視察、ホームステイなど、農業大国の食・農・ビジネスを英語で学ぶ本学独自のプログラムです。

英語プレゼンテーション演習Ⅰ・Ⅱ

「日本食」「農作物の栽培と流通」などをテーマに、個人やグループでのスピーチ・ディスカッション・プレゼンテーション力を身につけます。