新潟食料農業大学 Niigata Agro-Food University

教員紹介

伊藤 豊彰Toyoaki Ito

教授

学位

農学博士 東北大学 1994年取得

担当科目

食料産業概論、農学基礎実習、環境科学概論、生物資源循環論、基礎ゼミⅡ、肥料学、作物生産科学基礎実験・実習、栽培科学実験・実習、土壌学、卒業研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、食料産業実践論Ⅱ

専門分野

土壌肥料学、栽培学、環境科学

研究テーマ

・有機栽培や冬期湛水などの環境や生物にやさしい農業生産技術
・農耕地の生物多様性
・未利用資源の農業利用
・土壌改良による安定・高品質水稲生産技術の開発

高校生へのメッセージ

こんにちは。アグリコース長と土壌肥料学を担当する伊藤豊彰です。農村を含む地域社会を元気にするには、これまで以上に農業を楽しくて、やりがいのあるものに、そして生産・加工・販売を一つながりのものと捉えて、消費者に農業と食品のすばらしい価値を伝えることが大切です。 私は、これまで東北大学農学部で、長年、農家といっしょに田んぼの調査を中心にしながら、水稲の有機栽培やふゆみずたんぼ農法を研究し、有機栽培水田で生きものが増加すること、土壌中の水生ミミズが水稲生産に役立つことを解明しました。また、環境を汚染しない堆肥利用法の開発やケイ酸肥料による米の品質不良(稲の夏バテ)改善の実証なども行ってきました。 新潟食料農業大学では、これまでの研究を発展させながら、土壌、環境、農地の生きものを大切にする、「新しくて生産者にも消費者にも喜ばれる農業技術」を大学の同僚、学生の皆さん、地域の人たちとともに作り上げて、新潟や日本の農業を元気にしたいと考えています。学生さんたちには、現場を実感できる講義・実習・研究で実践力を身につけさせたいと考えています。 農業と食産業が盛んな新潟の地で、この新しい大学で共に学び、研究し、日本の農業や地域に貢献できる力を自分のものにしてみませんか。

企業へのメッセージ

土壌肥料学を担当いたします伊藤豊彰です。農村を含む地域社会を活性化するためには、付加価値の高い農業、生産・加工・販売を一つながりにした、市場を意識した農業の確立が重要だと考えています。私は、前任の東北大学大学院農学研究科において、生産者の圃場調査を中心に、水稲の有機栽培やふゆみずたんぼ農法の研究(水稲生産性や水田生物多様性の解明)、水田生物の農業への利用(水生ミミズは雑草を抑制し、水稲収量を増加させる)、土壌養分状態をバランス良く改善するための新しい堆肥活用栽培技術の確立(堆肥リン酸に注目)、夏期高温で生じる玄米品質低下(白未熟、胴割れ)のケイ酸肥料による改善(酒米について実施)、などについて成果を得てきました。    

新潟食料農業大学では、これまでの研究を新潟や北陸・東北地域の実情にあった形で発展させ、環境や生物保全に貢献する農法や水田生物による地域農業のブランド化や、ケイ酸資材や土壌改良による酒米品質改善などによって、消費者に選ばれる市場性の高い農業の確立に寄与したいと考えています。さらに、広い範囲で農地土壌調査・診断の実施、地域全体の自然資源(土壌、水、生物、在来種など)の調査データを基にした教育・観光プログラムの構築のほか、土壌、肥料、栽培に関する多様な課題に積極的に取り組むつもりです。農業技術の相談や共同研究などについて、お気軽にご相談ください。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 右図:土壌養分濃度をモニタリングするための機器を設置中