新潟食料農業大学 Niigata Agro-Food University

教員紹介

鈴木 孝男Takao Suzuki

教授

学位

博士(政策科学) 同志社大学 2012年取得

担当科目

食料産業概論、基礎ゼミⅠ・Ⅱ、インターンシップⅠ・Ⅱ、農村ビジネス論、起業イノベーション論、食産業ビジネス演習Ⅰ、地域政策論、地域計画論、卒業研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、食料産業実践論Ⅱ

専門分野

地域計画・農村計画

研究テーマ

・持続可能な農山漁村地域の創造
・人口減少時代の自治体政策
・コミュニティビジネス
・雇用定住を生み出す農村ビジネス

高校生へのメッセージ

人口減少、少子高齢化、グローバル化の進展とともに、有効な政策や事業を提案し実行していく意欲や能力を持った人材が強く求められています。とくに農村部では、様々な問題・課題が浮き彫りになっていますが、手を付けられずに放置されたままの地域がたくさんあります。こうした中で、地域のど真ん中に飛び込んで、住民、企業、行政と協力して、新しい事業を創造しようとする若者たちが全国的に注目されています。皆さんも、学生の時から地域社会に関心を寄せて、キャンパスからどんどん飛び出して、地域のポテンシャルを活かした行動や事業を起こしていく貴重な経験をたくさん積んでみてください。私が担当する授業の中でも、フィールドワークを通じた住民や行政へのヒアリングや、地域点検(診断)を組み込んでいきます。大学での学びは、現場から培った経験と結びついていくことで、より確かな学びに磨かれます。我々教員は、そうしたチャレンジ精神を全力で応援していきたいと思います。

企業へのメッセージ

地方創生の時代を迎えていますが、従来からの地域課題を乗り越え、地域の学校を維持できる程度の定住人口を確保できる農村の再生を私は研究テーマとしております。これまで、協働のまちづくり、防災、防犯、福祉、産業など分野横断的な課題に取り組んできましたが、現在とくに関心を持っていることは、付加価値形成の余地が高いとされる食や農の資源を活かした①農村都市交流などの新たな農村ビジネスの創造と、②基幹産業である一次産業の再生を軸とした革新的な仕事を創り出していくことです。このことは東日本大震災の復興にも関わってきて痛切に感じたことです。新潟にある多様な資源を活かしていければ、世界の関心を引き寄せるユニークな事業の創造が可能になると考えます。地域住民や生産者・企業の皆様と建設的な議論を重ね、新潟県内各所に働きがいのあるクリエーティブな農村ビジネスが生み出されることによって地域と大学が共存・共栄、或いは融合する姿を、研究活動を通じて追求していきたいです。