教員紹介

長島 裕二Yuji Nagashima

教授

学位

農学博士 東京大学 1989年取得

担当科目

食料産業概論、基礎ゼミⅠ・Ⅱ、食品学概論、生物資源循環論、食品化学、科学Ⅰ、動物生産学概論、食品生産科学基礎実験・実習、食品分析学、食品科学実験・実習、畜・水産物利用学、卒業研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

専門分野

食品化学、生理活性化学

研究テーマ

・水産未利用資源の有効利用
・海洋生物毒の検査分析法の開発
・水産物の種判別
・食の安全確保

高校生へのメッセージ

限りある海洋生物資源(魚貝類、海藻、藻類、微生物)を有効に安全に利用しようというのが、私の研究コンセプトです。例えば、魚を食べるとき、ほとんどの場合、皮、内臓、骨は食べられないで廃棄されます。しかし、皮からは良質のコラーゲンが、内臓からは健康にいい魚油がとれ、これらは食品や医薬品の原料として利用されています。また、食べることなく捨てられていたエビやカニの甲羅から抽出されるキチン、キトサンは幅広い方面で利用され、何の価値もないと思われていた海綿からはいくつもの抗ガン剤が開発されています。 さらに、フグがもつ猛毒のフグ毒は神経麻痺を起こしてときどき食中毒を起こしますが、神経を麻痺させるという作用を利用して、フグ毒を鎮痛剤や鎮静剤にしようという試みもあります。発想を変えることで、毒のように困ったもの、無駄なものもアイデア次第でうまく利用することができるかもしれません。捨てられていたもの、見向きもされなかったものにも活躍の場をつくり、限りある海洋生物資源を無駄なく、安全に、有効利用しましょう。

企業へのメッセージ

これまで、限りある海洋生物資源を有効に安全に利用しようコンセプトのもと、水産物を中心に研究を行ってきました。具体的には、水産食品廃棄物となる魚類の皮や内臓、あるいは未利用部位から機能性成分や医薬品等の素材の開発を目指して研究を行っています。魚類の皮から新規の抗菌タンパク質、プロテアーゼ阻害剤、中性脂肪吸収抑制作用、アンジオテンシン変換阻害活性などさまざまな生理活性を見出し、現在、これらの応用を検討しています。 食の安全に関する研究では、主に動物性自然毒(マリントキシン)による食中毒に関する研究を行っています。食中毒が発生した場合、原因究明のため中毒原因食品と原因物質の特定が必要です。このため、魚貝毒の検査法の開発、特に非破壊的に迅速に原因物質を検出して食用の適否を判断できる検査分析法の開発に取り組んでいます。一方、中毒原因食品の究明には遺伝子による種判別法が有効で、わが国で魚貝毒による食中毒事例の多いフグ類と貝類について実施してきました。遺伝子による生物種判定は、加工品の原材料も正確に判別できることから、食中毒やアレルギー原因食品の特定にとどまらず、食品表示の真偽判定ならびに偽装表示の抑止にも役に立ちます。

  • 新潟食料農業大学 公式Facebook
  • 新潟食料農業大学 公式Twitter
  • 新潟食料農業大学 公式LINE

Copyright © Niigata Agro-Food University All Rights Reserved.

ページトップへ戻る