新潟食料農業大学 Niigata Agro-Food University

教員紹介

佐藤根 妃奈Hina Satone

助教

学位

博士(農学) 九州大学 2010年取得

担当科目

食品生産科学基礎実験・実習
食品科学実験・実習
食品プロセス学実験・実習

専門分野

水産生物環境学、水産化学

研究テーマ

・環境汚染物質が魚類に与える影響
・タンパク質発現系の構築

高校生へのメッセージ

海洋汚染、水質汚染とそこから発生する風評被害は、水産業や観光業、食品業界において常に深刻な問題です。様々な日用品や器具、装置に使用される化学物質の多くは適切に再利用または廃棄処理されていますが、処理を免れたり投棄されたりして水環境中に流出または溶出した化学物質が水棲生物を汚染しています。特に残留性有機汚染物質や一部の有機金属化合物は、体内の脂肪組織や血中タンパク質と結合して長く生物を汚染し続け、それを食する我々人間の健康も脅かしています。美味しい水産食品をいつでも安心して食べられるように、環境汚染の現状や原因を知り、汚染を防ぐ方法や汚染されてしまった環境・水棲生物から、汚染物質を除去する方法を一緒に考えてみましょう。

企業へのメッセージ

私の研究では、水産食品の安全性の確保および生態系の保全を目的として、環境汚染物質が魚類に与える影響を調べ、リスク評価を行っています。特に遺伝子やタンパク質の発現変動を解析して、汚染物質の作用機序を調べています。また、魚類体内で汚染物質を結合しているタンパク質の一部が体表粘液を介して排泄されることから、それを促進する条件を検討しています。今後はさらに、新潟沿岸および河川の底泥やそこに生息している魚介類、藻類などを対象に、その他のマイクロプラスチックや重金属などの蓄積状況についても随時調べて公開し、地域の方々に役立てていただきたいと考えております。ご興味のある企業がいらっしゃいましたら、共同研究やリスク評価試験等のご相談をさせていただければと思います。