中井 裕Yutaka Nakai

副学長・学部長・教授

学位

農学博士 東北大学 1982年

担当科目

食料産業概論、環境科学概論、生物資源循環論、基礎ゼミⅡ、動物生産学概論、食料産業実践論Ⅰ・Ⅱ

専門分野

環境微生物学、寄生虫学

研究テーマ

・病原性微生物の生態とその防御。とくに動物
およびヒトに感染する原虫病
・微生物機能を活用した排泄物利用技術の改良および開発
・牛の第一胃の微生物を活用したメタン発酵法の開発

経歴

東北大学大学院農学研究科博士課程後期課程修了、農学博士。茨城大学農学部助手、米国ジョージタウン大学医歯学部博士研究員、東北大学助教授、教授、複合生態フィールド教育研究センター長、副研究科長などを経て、現在、東北大学総長特別補佐(震災復興推進担当)、農学研究科教授

高校生へのメッセージ

われわれは膨大な数の微生物に囲まれて暮らしています。 私は、大学院生時代から、ウイルス、細菌や原虫などの微生物の攻撃から、どのようにして、ヒトや動物の体を守るかについて研究してきました。 教員になってからは、環境に存在する様々な機能を持つ微生物に興味を持ち、これらの微生物をコントロールして、悪臭や汚水を浄化できないか、さらに進んで、良い堆肥を作れないか、可燃ガスで発電にも使えるメタンガスを効率良く作らせることができないかといった研究もしています。 最近は、ウシの胃の微生物に注目しています。ウシは4つの胃を持っていますが、その第一胃には2千兆個の細菌と2千億個の原虫が生息しています。ウシの体を形成する細胞の5倍にものぼる数です。これらの微生物は植物繊維を分解する能力を持っており、うまく用いると、トマトの茎や紙ゴミなどから、従来の数倍にもなる量のメタンを得られることが明らかになりました。現在、大型タンクローリーの倍ほどの大きさの50tのタンクを用いて研究を行っており、実用化はもうすぐです。まだまだ微生物は分からないことだらけです。研究の宝が沢山眠っています。一緒に微生物の世界に踏み込んでみませんか。  

企業へのメッセージ

動物および人獣共通感染性の微生物、および環境微生物に関する下記の研究を行っています。これらの研究は、病原微生物の培養や同定方法の開発、環境微生物の制御や微生物機能の利用などに繋がるものです。とくに、ウシの第一胃(ルーメン)微生物を活用したメタン発酵システムに関しては、大型の実機による実用化研究を実施中であり、エネルギー回収可能な新規の有機資源循環システムとして実装可能な技術として確立しつつあります。 1. 病原性微生物の生態とその制御 1)ニワトリのコクシジウム、2)ツルのコクシジウム、3)クリプトスポリジウム、 2. 畜産環境微生物の生態解明と利用 1)臭気除去に関わる微生物の生態とその利用、2)汚水処理に関わる微生物の生態とその利用、3)窒素循環に関わる微生物の生態とその利用、 3. 微生物機能を活用した排泄物利用技術の改良および開発 1)コンポスト化過程の微生物群集の変化とその利用、2)メタン発酵とルーメン微生物の利用

Copyright © Niigata Agro-Food University All Rights Reserved.

ページトップへ戻る