組織・体制

組織

食品科学研究所は、3つの研究部門(加工・利用ユニット、スポーツ・健康・機能ユニット、発酵・醸造ユニット)とリエゾンオフィスで構成され、プロジェクトに応じてアグリコース・ビジネスコース教員も交えて円滑に課題解決を遂行します。

ユニット研究領域

共通領域

  • 未利用資源の探索と有効活用
  • 品質・安全性評価技術の開発
  • 環境負荷低減技術の開発
  • SDGsに配慮した研究

加工・利用ユニット

  • 食品加工技術の開発と改善
  • 品質保持技術の開発
  • 廃棄物の低減

素材・加工

安全・管理

製造・環境

スポーツ・健康・機能ユニット

  • 食品素材の機能性探索
  • 食品の栄養・おいしさ・機能性の評価
  • 健康増進における食の役割解明

機能・評価

栄養・健康

成分・分析

発酵・醸造ユニット

  • 地域微生物資源の探索と利活用
  • 新規発酵食品と醸造微生物の開発
  • 微生物による有用物質生産

微生物

発酵・醸造

酵素利用・分析