【授業紹介】『発酵食品としての味噌を知ろう!』あおき味噌株式会社様〈食品学概論〉

食農大の日常 2020.10.26

「食品学概論」は食のつながりの基礎を学ぶ1年生対象の授業です。

10/22(木) 1年次科目「食品学概論」にてあおき味噌株式会社 青木 光達様をゲストスピーカーに迎え講義を実施いただきました。

青木様には「発酵食品の味噌について」をテーマにお話をいただきました。

 

『味噌』の定義、どのようなものを『味噌』というか、皆さんは知っていますか?詳しい定義があり、それ以外のものは厳密には「味噌」とは言わないそうです。

講義の中では原材料の違いによる味噌の種類やそれぞれの製造方法の違い、地域による味噌の食文化の違いなどを解説いただきました。米味噌でも種類により、発酵・熟成の期間に違いがあるなど、現場でのご経験をもとに、それぞれの製造段階を詳しく解説いただきました。

 

また、味噌産業について、国内での製造状況や海外での評価などをお話いただきました。味噌は日本オリジナルの伝統的調味料。今後は海外でも広がっていくと良いですね。

 

ご経験をもとに、貴重なご講演をいただきました青木様、ありがとうございました。

 本学では様々な食の分野で活躍をされている方をゲストスピーカーとしてお招きし、現場の活きた知識を直接学ぶことのできる授業を行っております。

関連記事

NAFUマガジン一覧へ