【授業紹介】1月26日(火) 「食の6次産業化プロデューサー」の認定基準レベル2をクリアする学習成果 <マーケティング論>

食農大の日常 2021.2.9

1月26日(火)、2年生対象、後期開講のマーケティング論にて、「食の6次産業化プロデューサー」の認定基準レベル2をクリアする学習として、「6次産業化のスキームと4Pアイデア」というグループ演習課題に16チーム(63名)が取り組みました!

これは1次産業者の立場で、農産・畜産・水産品等から自由選択した製品に関し、6次産業化の製品アイデア等スキームを述べ、4P(Product:製品 Price:価格 Promotion:販売促進 Place:流通)の想定に落とし込んで発表するものです。

今期の発表プレゼンは、遠隔授業期間であったためオンラインで行われ、学生は持ち時間5分という時間で魅力あふれる発表を行いました。

そして発表後には学生投票(1人3票まで、総数162票)による優秀発表グループを決定しました!優秀発表ベスト4は以下の通りです。
学びを形にて示せた事例として、指導教員である金子 孝一教授からも同様の評価をいただきました!

 

<優秀発表ベスト4>氏名記載はリーダー

1.カイコ(蚕)カフェ                  
 村松 優希、他2名 35票 22%

 

2.アスパラ(チップス・スプレッド)             
 関澤 萌、他5名  34票 21%

 

3.新潟市の果物を利用した料理用フルーツソース      
 藤﨑 栞奈、他2名 17票 10%

 

4.農家が作ったジャムの移動販売                    
 鈴木 雄大、他4名 14票 9%

 

本学では実践力を身につけるための授業を数多く開講しております。
様々な授業をNAFUマガジンで紹介しておりますのでぜひご覧ください!

 

表題画像元:https://twitter.com/emk_tg_ms/status/1263485002907435010?s=20

関連記事

NAFUマガジン一覧へ