【授業紹介】卵やマヨネーズの機能性について学ぶ<食品化学>

食農大の日常 2021.7.19

本学では様々な授業で外部講師の方に特別講義をしていただき、現場の声を学ぶことができます。
今回は2年生フードコース必修「食品化学」で行われた特別講義の様子をご紹介します!

 

7月14日(火)、キユーピー株式会社 半田明弘様より、卵とマヨネーズの機能やキユーピー株式会社で取り組んでいる事業などをオンラインでお話いただきました!

まずは、キユーピー株式会社について。
沢山の従業員がいる中で ‘全員が同じ目標に向かって進む’ために会社の理念を大事にしているとお話くださいました。

また、キユーピー株式会社の商品についてもご紹介いただきました。

みなさんキユーピー株式会社と聞くと、マヨネーズやドレッシングのイメージが強いのではないでしょうか?

実はそれだけではなく、卵加工品の素材商品、さらには除菌スプレーなどの衛生用品や、スキンケア用品もあり、2,000~3,000ほどの商品までに事業展開を行っているのです!

 

■キユーピー株式会社 商品情報:https://www.kewpie.co.jp/products/

 

さらに、パンケーキや卵焼きにマヨネーズを入れるとふんわりすることはご存知な方も多いかと思いますが、その仕組みについても教えていただきました。みなさんもぜひ試してみてください!

 

そしてマヨネーズができるまでの工程や材料、卵の機能性についてお話しいただきました!

マヨネーズを作る際に最も重要となる“乳化”について学び、脂の粒が小さくなるとかたくなり、反対に粒が大きいと柔らかくなるそうです!

工場でつくられるマヨネーズは油滴の大きさが均一のため、同じ味で製品を作ることができるそうです!

その他にも卵の5つの機能性やマヨネーズの特性について学び、学生たちは熱心にメモを取りながら聞いておりました!

講義終了後には学生からの質問も。

様々な料理に使用され、普段から口にすることが多い卵とマヨネーズについて学ぶことができました!

講義を受けた学生から、「卵、マヨネーズについて知らなかったこと、気になっていたことがほとんどなくなるくらいの内容を聞くことができた。間違って持っていた知識を上書きできました。」、「パンケーキや卵焼きにマヨネーズを加えると聞いたことがあったが、なぜふんわりするか知らなかったので、その仕組みを知ることができて興味深かった」などたくさんの感想がきかれました。

 

キユーピー株式会社 半田 明弘様、お忙しい中ありがとうございました!

 

キユーピー株式会社 HP:https://www.kewpie.co.jp/

関連記事

NAFUマガジン一覧へ