【キャリアイベント】NAFU JOB博『ジブンノミライ』2021を開催しました!

食農大の日常 2021.11.18

11月17日(水)に、NAFU JOB博『ジブンノミライ』2021を開催しました。
このイベントは就職活動が本格的となる3年生へ向けて、本格始動の前準備として、本学キャリアセンターが主催となり、自身の夢実現や実際の企業研究に役立てるイベントです。

第1部、就職講演会「夢実現セミナー」では、合同会社一一の田中 美央 様を講師に迎え、これから就職活動を始める3年生に向け、進路選択に迫られている今だからこそ役立つお話をしていただきました。

田中様は現在、合同会社一一にて新潟県三条市でウコンの栽培から、商品開発等をおこなっております。その他にも飲食や日本の特産品を海外で売る為のコミュニティ形成をサポートするお仕事などにも携われております。

田中様の就職活動の経験や、今まで携わったお仕事を通して、働くとはどんなことなのか、また働き方の選択肢についてお話をしていただき、学生にとってはこれからの就職活動、キャリア形成に役立つ内容でした。

様々なご経験を経て、現在の働き方についてのお話はこれからの就職活動だけではなく、社会に出てからも役立つ内容で、多くの学生が一生懸命メモを取り、熱心に聴講していました。

最後の質疑応答では、質問時間が足りなくなるほど積極的に質問が飛び、学生の就職活動に対する真剣さが伝わってきました。

 

第2部、「業界・職種徹底研究!In食農大」では、県内19の企業・団体をお迎えし、各業界の動向やその企業や職種ごとの仕事内容など進路決定に役立つ情報や、インターンシップ情報などをお話いただきました。

ソーシャルディスタンス確保のため、企業ごとにブースを設置し、一度の説明への参加人数を制限し密を回避しながら各企業様にお話しをしていただきました。

事前調査で志望先に挙げていた企業に意欲的に質問している姿や、企業様からの問いかけにしっかりと答える姿など、学生たちの積極的な姿が多くみられました。

希望している業種はもちろん、今まで視野に入れていなかった業種の企業とも触れ合う機会となりました。

参加した学生からは『今まで知らなかった業界の話を直接聞くことができて、選択肢の幅が広がりました』や『それぞれの企業での仕事の意味を深く知ることが出来て良かった』などの声もあり、今後の就職活動に活かせる経験となったようでした。また、『ホームページなどで知れる情報だけではなく、直接、企業の方からお話を聞くことが出来て貴重な機会だった』など、3年生にとっては就職活動に向けて様々な気づきを得て、これまで以上に取り組むきっかけとなったようでした。

 

本学ではこのような形で自身のキャリア実現のためのきっかけづくりや、就職に向けてのサポートなど学生一人一人にあわせたきめ細やかなサポートを行っています。

 

新潟食料農業大学 キャリアセンターの取り組みはこちら

関連記事

NAFUマガジン一覧へ