【活動紹介】育てた野菜で調理&試食会を行いました!<6次産業化クラブ>

食農大の日常 2021.12.22

12月22日(水)、6次産業化クラブが自分達で育てた野菜を使い、調理、試食を行いました!

メニューは以下の7品!

・ろくすけ納豆
・大根の煮物
・トマトスープ
・焼きスティックセニョール&ロマネスコ
・マコモダケとピーマンの炒め物
・フライドポテト
・ご飯(こしいぶき)

(*新型コロナウイルス感染症対策を講じながら行いました。)

学内圃場で育てたジャガイモやロマネスコ、ブロッコリー、大根、トマトをふんだんに使用して調理。
また、炊いたお米はメンバーの実家で育てている「こしいぶき」です。
炊き立てのご飯をおいしくいただきました!😊

さらに、納豆は6次産業化クラブが今年度から始めた「ろくすけ豆プロジェクト」で育てたろくすけ豆で、発酵・醸造サークルのメンバーと協力して作ったものです。
市販の納豆から納豆菌をとったパックの納豆と、藁に付いている納豆菌を利用した藁苞(わらづと)納豆を作りました!

どのメニューも美味しくでき、嬉しそうに食事する姿が見られました!

関連記事

NAFUマガジン一覧へ