【授業紹介】5/13(金) 田植えを行いました!<農学基礎実習>

授業紹介 2022.5.19

5/13(金) 農学基礎実習にて1年生と教職員で田植えを行いました!

 

NAFU恒例の田植えのシーズンです😊

新型コロナウイルス感染症対策を万全に講じ、2グループに分かれて実施しました!
当日は天候が危ぶまれましたが、なんとか雨も降らず涼しい風が吹く中、行うことができました!

 

今回田植えを行う場所は、大学から徒歩15分くらいの距離にある実習田。
中条農産様にご協力いただき、実習を行っています。

田んぼには事前に植えるポイントが分かるよう、アグリコースの先生や上級生によって田植えの目印がつけてあり、線と線の交点に苗を植えていきます。学生たちは苗を入れておける「苗箱」を腰に結わえ、準備万端!
中条農産様のお話をうかがった後、先生に苗の植え方やぬかるみでの足の動かし方のポイントをご教授いただき・・・

 

十分な間隔を空けつつ畝へ移動。

いざ!さっそく苗植えを開始!
最初はおそるおそる田んぼの中へ・・・
少しずつ足を進め、ぎこちない様子で苗を植えていく学生のみなさん。それもつかの間。
田んぼ内の感覚にもすぐに慣れ、せっせと田植えを進めていきます!秋の実りに胸を膨らませながら丁寧に田植えを行うことができました!

また、今回はアグリコースの先生によるドローンを使用しての撮影も行われました!

同じ方向を向いて植えているのが分かりますね!

田植えを行った学生は「脱穀は小学生の頃やったことあったが、今回田植えは初めて。最初はぬかるみに足をとられ慣れなかったが、だんだん上手にすすめることができた。」「小学生ぶりに田植えをした。今まで知らなかった苗の葉の数え方や植え方について知ることができた。秋の収穫が楽しみです」と感想を教えてくれました。みんなで協力して植えた稲、秋の収穫は大豊作を祈っています!

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

NAFUマガジン一覧へ