【自転車競技部】第1期卒業生 西村剛君 競輪選手養成所合格!

食農大の日常 2023.1.23


【2018年6月30日全日本学生トラック選手権ポイントレース】

2023年1月19日、日本競輪選手養成所第125回選手候補生一般入所試験の合格者が発表され、本学第1期卒業生西村剛君が見事栄冠をつかみました。

11月に実施された1次試験で受験者382人中96人が通過し、12月の2次試験で最終的に71人が合格。例年同様、合格率20%に満たない難関でした。

日本競輪選手養成所への入所は競輪選手になるために必須で、ここで10ヶ月間指導・教育・訓練を受けて、国家資格検定に合格して、競輪選手になります。入所試験に合格したことは、競輪選手になるためのもっとも厳しい関門をくぐり抜けたといってよいでしょう。

【2018年4月21日 全日本学生RCS第1戦 第11回菜の花飯山ラウンド(クリテリウム)】

西村君は本学の開学とともに発足した自転車競技部に入部し、初代キャプテンとしてトラックの中長距離やクリテリウムレースで活躍してきました。

【2022年3月12日 卒業式にて中井裕部長と】

本学では自転車競技に真摯に取り組みながら、地域での稲の有機栽培プロジェクトに参加したり、卒業研究では食と運動の関係に取り組んだり、幅広く食を総合的に学び、「文武一道」の生活を送ってきました。何事にも真面目に取り組む姿勢が今回の合格に結びついたと思います。

今後の活躍をお祈りいたします。

(自転車競技部 部長 中井裕)

関連記事

NAFUマガジン一覧へ