【自転車競技部】本年度初出場のレースで、新入生2名が入賞

食農大の日常 2019.5.15

2019年4月28日、29日に長野県飯山市にて開催された
全日本学生ロードレースカップシリーズ第2戦 菜の花飯山ラウンドにロード班の4名が出場しました。

 

1日目は、長峰スポーツ公園の外周道路を周回するポイントレース形式のクリテリウムが行われました。
新入部員の多田雄飛君がクラス3Aで7位、渡邉八起君がクラス3Bで6位入賞を果たしました。
また西村剛主将は強豪がひしめくクラス2において完走を果たしました。

 

2日目のヒルクライムは、標高差484mの激坂を2回登り、その合計タイムで順位を決める方式で行われました。
2割の選手が関門通過できない中、米内裕都主務をはじめ全員が完走を果たしました。

 

胎内高原でのトレーニングの成果がじわじわ出始めており、これからのレースが楽しみです。

コーナーを攻める米内裕都君

振り返って集団をチェックする多田雄飛君

集団内でリラックスした様子の渡邉八起君

コーナーの立ち上がりで加速する西村剛君

今回はサポートに回った短距離班の原田龍治君とロード班の4名の選手たち

関連記事

一覧へ