【「食品製造学」にてゲストスピーカーによる講義を実施】

食農大の日常 2019.11.28

11/27(水) 2年次科目「食品製造学」にて新潟県農業総合研究所食品研究センターの

細野 良太様をゲストスピーカーに迎え講義を実施いただきました。

 

細野様が県の食品研究センターで研究をされている米粉について

「微細米粉及び米粉の利用食品とその製造技術」をテーマにお話をいただきました。

 

近年、よく見かける米粉パンや米粉の麺。このような米粉利用食品の開発は、お米の消費量が

減ってきたことによる対応策として進められてきた取り組みによるものとのことです。

 

元々は、お団子やお饅頭など和菓子に使われることがメインであった米粉ですが

パンや洋菓子などに利用するにはただ粉末状にすればよいわけではないそうです。

 

米粉製品が増えてきた背景や米粉の特徴、小麦粉との性質の違い

パンや麺に加工するための様々な技術・工夫について詳しくお話いただきました。


一つの食品においても、原材料の性質や、食品製造の現場で実施されている様々な技術について

学ぶことで、新しい加工方法や製品を考えるきっかけになりますね!

 

研究のご経験をもとに、貴重なご講演をいただきました細野様、ありがとうございました。

関連記事

NAFUマガジン一覧へ