【在学生の皆様へ】重要:新型コロナウイルス感染防止に向けた注意事項(必読)(5月12日更新版)

2022.05.12 お知らせ

【在学生の皆様へ】新型コロナウイルス感染防止に向けた注意事項

 本学では、新型コロナウイルス感染症への対策として、新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、「感染しない・させない」「すべての学生・教職員および地域住民を守る」の原則に基づき、感染防止と教育・研究活動、学生生活の充実化の両立に向けたきめ細かい取り組みを実践しています。

在学生・保護者の皆様には、本方針ならびに各種ガイドラインに基づく対応へのご理解・ご協力を心より感謝いたします。
学生の皆様には、多くの制限・制約をお願いすることになりますが、是非、本基本方針についてご理解いただき、一人ひとりが適切な行動・対応をとるようお願いいたします。

感染リスクの高い行動の自粛について

本学では、感染リスクの高い行動として、“3つの密に該当する環境での滞在”や“同居家族を除く5人以上での会食”、“複数名でのカラオケ”、“大声での対話“などを、本学作成の「行動チェックシート」に具体的に例示し、可能な限りこれら行動・環境を避けることを求めています。
併せて、政府が提示する“感染リスクが高まる5つの場面”に基づき、感染リスクの高い行動を避けるよう求めています。

以下の事項を確認の上、感染リスクを感じた場合は、速やかに胎内キャンパス事務局(0254-28-9855)まで連絡(※土日・祝日、勤務時間外など職員不在時はメール連絡)してください。

  • UNIPAまたはメールにて案内している「行動チェックシート」を必ず確認・保管するとともに、以下のURLにて、感染リスクが高まる「5つの場面」を確認してください。

  >> 感染リスクが高まる「5つの場面」

  • 「行動チェックシート」および感染リスクが高まる「5つの場面」で例示されている行動等を確認し、可能な限りそれら行動・環境は避けるようにしてください。
  • “感染リスクを感じる場面”に遭遇した場合は、速やかに事務局(0254-28-9855)まで連絡してください。詳細を確認・聞き取りの上、対応について指示します。
  • その他、不明点や判断に迷うことがあれば、事務局の担当部署まで問い合わせください。

胎内キャンパス学務課  電話:0254-28-9855 E-mail:gakumu@nafu.ac.jp

都道府県をまたぐ移動の制限について

  • 5月29日(日)までを当面の期間として、新潟県外との不要不急の往来を原則禁止します。
  • また、新潟県内においても不要不急の外出は避け、外食や人混みの多い場所への滞在は、厳に控えてください。
  • 就職活動や帰省等を含む、やむを得ない理由により新潟県外との往来が必要な場合は、以下の手順に従って届出・報告してください。

【新潟県外との移動に係る届出・報告手順】

 ①新潟県外へ移動する際は、移動日の1週間前までに本学所定の書式にて、日程・訪問先・活動予定等を届出ください。

 ②滞在中に感染リスクを感じる行動・場面に遭遇した際は、速やかに事務局へ報告の上、本学所定の「行動チェックシート」をメールにて提出してください。

 ③新潟県外から新潟県へ移動する際は、移動日の前日に本学所定の「行動チェックシート」の指定項目を記入の上、メールにて提出してください。

 ④また、新潟県外から新潟県へ移動後は、速やかに本学所定の書式に滞在先での行動履歴を記入の上、メールにて提出してください。

上記の届出・報告内容等に基づき、必要に応じて、大学への入構を禁止し、大学が指定する医療機関等でPCR検査を受検(大学経費補助)して頂きます。なお、事情により指定機関でのPCR検査の受検が困難な場合は、新潟県に帰県した日を1日目として7日間は自宅待機の上、健康チェックシートによる健康観察を行います。(7日間ルール)

また、新潟県外への移動の有無や滞在エリア等に関わらず、「行動チェックシート」および感染リスクが高まる「5つの場面」に例示された行動や“感染リスクを感じる場面”に遭遇した場合は、速やかに事務局(0254-28-9855)まで連絡(※土日・祝日、勤務時間外など職員不在時はメール連絡)してください。詳細を確認の上、対応について指示します。

  • 新潟県外から移動してきた方との接触についても、新潟県への移動後7日間は可能な限り避けてください。
  • 海外渡航については、引き続き禁止します。
  • 本方針の対象期間中に『緊急事態宣言』および『まん延防止等重点措置』が発出された場合は、制限内容が変更となりますので大学からの通知内容を必ず確認してください。
  • その他、不明点や「やむを得ない往来」等に関して判断に迷うことがあれば、事務局の担当部署まで問い合わせください。

胎内キャンパス学務課 TEL:0254-28-9855 E-mail:gakumu@nafu.ac.jp

感染しない・させないための対応について

新型コロナウイルス感染症は、いつでも・誰でも感染するリスクがあります。
学生・教職員の皆さんには、自身の感染を防止することはもちろん、自身が大切な誰かに感染させてしまう可能性があることを自覚し、以下の事項を厳守してください。

新潟県の感染防止対策等について

  • 以下のリンクから新潟県における感染防止対策等を確認の上、記載内容に基づき、適切な行動をとるよう心掛けてください。
  • 新潟県内においても“混雑した場所”や“感染リスクが高い場所”への外出や移動は厳に控えてください。

【新潟県ホームページ 新型コロナウイルス感染症関連情報】

>> 新型コロナウイルス感染症に関するページはこちら

新型コロナウイルス接触確認アプリの利用について

  • 厚生労働省が提供するスマートフォン向けのアプリ(通称:COCOA)をイントールし、利用してください。
  • まだインストールされていない方は、必ずインストールしてください。
  • 陽性が確定された場合は、同アプリにて陽性登録するようお願いします。

【アプリのインストール】

Google Playはこちら

App Storeはこちら

日常生活の注意事項の厳守について

  • 手洗い、うがい、マスク着用(鼻にフィットさせて正しく着用)を徹底してください。
  • 複数名で食事する際は、可能な限り会話を控え、会話時にはマスクを着用してください。
  • 不用意に人に触れないようにしてください。また、誰かに触れる前後には必ず手を洗うようにしてください。
  • 不特定多数が接触する恐れが高く、「1.換気の悪い密閉空間」、「2. 多数が集まる密集場所」、「3. 間近で会話や発声をする密接場面」が想定される環境は避けてください。
  • 特に、普段会わない人やワクチン未接種者との複数名での「会食や飲み会、コンパ」、「カラオケ」、「多人数での集団旅行」は絶対に避けてください。
  • “3つの密に該当する環境での滞在”、“普段会わない人やワクチン未接種者との複数名での会食やカラオケ”、その他感染リスクの高い行動をした人との密な接触等、「行動チェックシート」および感染リスクが高まる「5つの場面」に例示された行動や“感染リスクを感じる場面”に遭遇した場合は、速やかに事務局(0254-28-9855)まで連絡(※土日・祝日、勤務時間外など職員不在時はメール連絡)してください。詳細を確認・聞き取りの上、対応について指示します。

日々の健康管理の徹底について

  • 各自、体温計を必ず用意してください。
  • 健康状態のセルフチェックのためにも、毎朝・夕の検温を必ず行い、本学所定の「健康チェックシート」にて日々の健康状態を記録してください。必要に応じて提出を求める場合がありますので、日常習慣として徹底してください。
  • 発熱や咳などの風邪の症状、倦怠感、味覚・嗅覚の異常などが見られた場合、また感染者との濃厚接触が疑われる場合は、「新潟県新型コロナ受診・相談センター」に相談してください。

 

【新潟県新型コロナ受診・相談センター】 

  電話:025-256-8275(土日・祝日含む毎日24時間対応) 

  ※相談・受診方法等は、新潟県ホームページにてご確認ください。

 

  • 併せて事務局学務課(0254-28-9855)まで必ず連絡(※土日・祝日、勤務時間外など職員不在時はメール連絡)の上、通学を中止してください。
  • 体調不良や感染者との濃厚接触の疑いがある場合は、症状等を聞き取りの上、必要に応じて自宅待機(学生の場合は公欠扱い)とし、対応について指示します。

大学からの重要な連絡について

  • UNIPAを通じて、重要な連絡などを通知します。
  • 1日1回は必ず大学からの連絡を確認してください。

【報告・相談・問い合わせ窓口(学生)】

新潟食料農業大学 胎内キャンパス 事務局 学務部学務課

TEL:0254-28-9855(平日 9:00~17:00) E-mail:gakumu@nafu.ac.jp

※ 時間外の場合はE-mailにて連絡してください。

 確認しだいお電話にて連絡をしますので必ずお名前、連絡できる電話番号をお知らせください。

NAFUニュース一覧へ