【重要】本学への来学およびクラブ・サークル活動、アルバイト活動等について(9月23日更新版)

2020.09.23 お知らせ

本学への来学およびクラブ・サークル活動、アルバイト活動等について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策のため、本学への来学およびクラブ・サークル活動、アルバイト活動等について、10月6日(火)までを当面の期間として以下の制限を行います。

本学への来学について

  • 10月6日(火)までを当面の期間として、不要不急の来学は自粛してください。
  • 来学を希望する場合は、必ず事前に胎内キャンパス事務局の学務課(0254-28-9855)まで連絡してください。
  • なお、各種証明書の発行については郵送での対応を行っていますので、希望する学生は胎内キャンパス事務局の学務課までメールまたは電話にて連絡してください。
  • その他、判断に迷う場合は、胎内キャンパス学務課(0254-28-9855)まで連絡してください。
  • 来学が認められた場合は、来学当日までの期間、毎朝・夕の検温を徹底し、発熱や体調不良を感じた場合は、来学を中止してください。
  • 来学する際は、マスクを着用の上、指定の入口から入館してください。
  • 来学に際してスクールバスを利用する場合は、マスクを着用の上、人との距離を確保し、会話を控えるなど、“新しい生活様式”に沿った感染防止に努めてください。
  • なお、「感染拡大の恐れがある地域への(からの)移動」や「健康不調」、「感染者との濃厚接触の疑い」、「感染リスクを感じる場面への遭遇」などが確認されたことにより、大学から自宅待機や健康観察等を指示された場合は大学への来学を禁止します。

本学学友会に所属するクラブ・サークル活動について

  • 以下の手順に基づき、感染防止対策が十分に確保されていると認められた活動について許可します。活動を希望するクラブ・サークルは事前に胎内キャンパス学務課(0254-28-9855)まで連絡してください。
    ①本学所定の書式にて感染防止対策を含む「活動計画書」を顧問(本学教員)および代表学生の連名にて作成の上、対策本部に提出してください。
    ②対策本部にて安全性等を確認の上、学長の許可を得たものについてクラブ・サークル単位での活動を認めます。
    ③ただし、活動希望日時や人数等が集中した場合は、感染防止のために活動計画の変更や中止をお願いする場合があります。
    ④また、活動計画に追加・変更がある場合は、最新の「活動計画書」を必ず提出してください。
  • 体育館を利用する場合は、本学が定める「施設利用ガイドライン」に従って、認められた範囲内で利用してください。
  • 合宿や遠征を計画する場合は、移動中および移動先での感染リスク(移動手段、移動先の感染拡大状況、不特定多数との接触可能性、三つの密に該当する可能性等)を十分に検討し、感染リスクに不安を感じる場合は計画を変更・中止してください。
  • 地域連携プロジェクトとして実施される地域での課外活動については、担当教員の指示に従い行ってください。
  • なお、活動内容を問わず、「感染拡大の恐れがある地域への移動」や「健康不調」、「感染者との濃厚接触の疑い」、「感染リスクを感じる場面への遭遇」などが確認されたことにより、大学から自宅待機や健康観察等を指示された場合は活動への参加を禁止します。

指定強化クラブおよび活動支援クラブについて

  • 以下の手順に基づき、感染防止対策が十分に確保されていると認められる活動についてチームでの活動を許可します。
    ①本学所定の書式にて感染防止対策を含む「活動計画書」を監督名にて作成し、新型コロナウイルス感染症対策本部に提出します。
    ②対策本部にて安全性等を確認の上、学長の許可を得た活動について、監督の指示のもとチームでの活動を認めます。
    ③また、活動計画に追加・変更がある場合は、最新の「活動計画書」を必ず提出してください。
  • 合宿や遠征を計画する場合は、移動中および移動先での感染リスク(移動手段、移動先の感染拡大状況、不特定多数との接触可能性、三つの密に該当する可能性等)を十分に検討し、感染リスクに不安を感じる場合は計画を変更・中止してください。
  • なお、活動内容を問わず、「感染拡大の恐れがある地域への移動」や「健康不調」、「感染者との濃厚接触の疑い」、「感染リスクを感じる場面への遭遇」などが確認されたことにより、大学から自宅待機や健康観察等を指示された場合は活動への参加を禁止します。

アルバイト活動およびボランティア活動について

  • アルバイト活動およびボランティア活動を行う際は、“新しい生活様式”に沿った感染防止に努めた上で実施してください。
  • ただし、接待を伴う飲食業やライブハウスなど安全性を確保することが難しいと考えられる業種や“新しい生活様式”を実践することが難しいと思われる環境でのアルバイト活動およびボランティア活動は自粛してください。
  • なお、業種や活動内容を問わず、「感染拡大の恐れがある地域への移動」や「健康不調」、「感染者との濃厚接触の疑い」、「感染リスクを感じる場面への遭遇」などが確認されたことにより、大学から自宅待機や健康観察等を指示された場合はアルバイト活動およびボランティア活動を禁止します。
  • 判断に迷う場合は、胎内キャンパス学務課(0254-28-9855)まで連絡してください。

【お問い合わせ窓口】

新潟食料農業大学 胎内キャンパス 

事務局 学務部学務課

TEL:0254-28-9855(平日 9:00~17:00) E-mail:gakumu@nafu.ac.jp

※ 時間外の場合はE-mailにて連絡してください。

※ 確認しだいお電話にて連絡をしますので必ずお名前、連絡できる電話番号をお知らせください。

NAFUニュース一覧へ