教育・研究に関するQ&A

教育特徴について

新潟食料農業大学で学ぶメリットは何ですか?

「食」に関わるあらゆる分野を学ぶことが、本学の大きな特徴です。私たちの「食」は生産から加工、流通、販売までのつながりで支えられています。本学ではそのつながりすべてを学ぶ共通課程とそれぞれの専門性を養うコース課程を連動したカリキュラムで、「食」に関する幅広い知識と高度な専門性を兼ね備え「食」を究める人材を育成します。

食料産業学部と従来の農学との違いはなんですか?

4年間を通して、農学だけでなく、食品科学、ビジネス・経営学といった「食」に関わる幅広い学問を総合的に学び、2年次からは3つのコースで専門知識・技術を身に付けます。 一つの学問だけにとらわれず「食」に関するあらゆる分野を幅広く、かつ専門的に学びます。

フードチェーンとは何ですか?

農産物の生産から加工、流通、販売そして食卓に至るまでのつながりを「フードチェーン」とよびます。食料産業学部ではこのつながり「フードチェーン」をとぎれることなく学び研究します。

マーケットインとは何ですか?

消費者が求めるものを考え、研究・開発する発想です。食料産業学部では、マーケットインの発想で多様化する消費者ニーズをかなえるための能力を身に付けていきます。

教員について

教員陣について教えてください。

「食」に関するそれぞれの分野で活躍する実績と経験豊富な教員陣による専門的な教育・研究を展開します。フードチェーンを途切れなく、かつ専門的に学べる環境が整っています。また、大手食品メーカーなど、民間企業での実務経験のある教員が2割を占め、「食」の現場で実施に活きる知識・技術を身につけることができます。

就職について

インターンシップ先はどんな企業がありますか?

株式会社ウオロク、株式会社栗山米菓、小林農園、新潟市アグリパーク、高儀農場、新潟中央青果株式会社、有限会社中条農産、岩塚製菓株式会社、株式会社曽我農園、株式会社日本フードリンク、株式会社ベジアビオ、株式会社ホーネンアグリ、胎内市農業協同組合、新潟市農業協同組合、北越後農業協同組合など45社。(2017年11月現在)今後も更に多くの企業に協力をいただく予定です。またインターンシップだけでなく、「食」「農」「ビジネス」の幅広い分野で共同研究・開発も行います。

食料産業学科を卒業するとどんな活躍の場がありますか?

「食」に関する幅広い分野で活躍の場があります。
食品メーカーでの食品開発、研究機関での新加工技術の研究者、製造現場での品質管理、学校や食品工場での衛生管理、食品メーカーでの品種改良研究、JA職員や公務員としての農業技術指導、植物工場などの新技術開発、大規模農園の運営、食品メーカーでの企画・営業、地域活性を目指す事業プランナー、市場調査に基づいた新商品企画、海外への販路拡大など。本学科で「食」に関するあらゆる分野を学び、社会での即戦力となる知識・技術を身に付けることができます。

キャンパスについて

各キャンパスの使い方を教えてください。

【新潟キャンパス】県内最大の食料消費地であり、且つ農業特区に指定されている新潟市に設置される新潟キャンパスでは主にビジネスについての教育・研究を展開します。
【胎内キャンパス】豊かな自然に囲まれ、農業、食品加工業が盛んな胎内市に設置される胎内キャンパスでは、「食」と「農」の最新技術について教育・研究を展開します。
1・2年次の授業は胎内キャンパスを中心に実施し、一部を新潟キャンパスで実施します。3年次よりアグリコース・フードコースの学生は胎内キャンパスで、ビジネスコースの学生は新潟キャンパスでそれぞれの専門性を磨いていきます。

入試に関するQ&A

AO入試について

『基礎学力試験』とはどのような試験ですか?

基礎学力試験は、基礎的な学力を問う筆記試験で、【英語】【国語】【数学】の3科目から2科目選択し解答します。

AO入試の配点はどのようになっていますか?

具体的な配点は回答できませんが、面接試験を重視し、総合的に判定します。

AO入試を受験しましたが不合格でした。推薦入試を受験することはできますか?

はい、受験できます。本学では、ある試験で不合格になっても、それ以降に実施される入試を再受験することができます。また、不合格になった入試の成績等が、再受験する入試の合否判定に関係することはいっさいありません。なお、出願書類(調査書等を含む)や入学検定料は改めて必要となります。

推薦入試について

「公募推薦入試」と「専門・総合推薦入試」にどちらも出願可能な場合、合格に有利な方はどちらですか?

どちらが有利ということはありません。あなたの長所を活かせる試験区分で出願してください。公募推薦では、勉強や課外活動など高校時代に努力したことを評価します。また、専門・総合推薦では高校時代に身につけた専門的な知識や技術を評価します。よって、どちらの区分も、食料・農業分野で活躍するために本学で学びたいという強い熱意・意欲を重視し、面接試験を中心に総合的に判定します。

指定校推薦入試について

指定校推薦入試を受験したいのですが、指定されている高等学校を教えてください。

指定校推薦入試のご案内は指定高等学校等へ個別に通知しますので、ご自身の高等学校等へ直接ご確認ください。また、出願資格や選考方法、試験科目等の詳細も、ご自身の高等学校等へ直接ご確認ください。

スポーツ推薦入試について

自分の大会出場経験が、出願資格を満たしているか不安なのですが?

出願資格を満たしているか判断に迷われた場合は、本本学入試事務室(TEL:0254-28-9840)までお問い合わせください。

競技や種目の指定はありますか?

ありません。競技や種目を問わず高校時代に取り組んだスポーツの実績を評価します。

自己推薦入試について

出願資格と選考方法について教えてください。

大学入学資格を有する方であれば、どなたでも受験できます。また、高等学校からの推薦書の提出は必要ありません。面接試験を重視し、趣味、特技、将来の目標などあなたの個性を総合的に判定します。

一般入試について

一般入試において、選択科目は出願時に決定しなければいけませんか?

いいえ、出願時に決定する必要はありません。試験開始後に問題を見てから決定することもできますので、試験問題全体を確認してから科目を選択し解答することができます。

一般入試(前期日程)を受験して、「特待生制度」を目指す場合は、何か特別な手続きは必要ですか?

いいえ、一般入試(前期日程)の受験者は、自動的に特待生選抜の対象となりますので特別な手続きは不要です。特待生は入学金を含む1年次の学費が全額免除となります。

センター試験利用入試について

センター試験利用入試と一般入試を同時に出願することはできますか?

はい、同時に出願することが可能です。選択方法が異なる2つの試験区分を併願することで、合格のチャンスが広がります。

試験科目は出願時に決定しなければいけませんか?

いいえ、出願時に決定する必要はありません。本学が指定した科目の中から、あなたが受験した最も得点の高い科目を自動的に採点します。センター試験の成績を最大限に活かすことができます。

外国人留学生入試について

出願資格と選考方法について教えてください。

外国において通常の課程による12年以上の学校教育を修了し、日本語能力試験においてN3合格程度または日本留学試験の「日本語」科目(記述式試験を除く)において180点程度に相当する日本語能力を有する方が出願できます。食料・農業分野で活躍するために本学で学びたいという強い熱意・意欲を重視し、面接試験を中心に総合的に判定します。

社会人入試について

出願資格と選考方法について教えてください。

大学入学資格を有し、出願時点で2年以上の社会経験がある方または入学時までに2年以上の社会経験を見込める方が出願できます。「社会経験」とは職業に従事した経験(アルバイトを含む)および家業・家事に専念した経験を指します。これまでの経験を活かし新たに食料・農業分野での活躍を目指す熱意・意欲を重視し、面接試験を中心に総合的に判定します。

共通事項・その他

身体に障害があるのですが、受験することはできますか?

心身に障害があり、受験上および就学上特別な配慮を必要とする方は、各試験区分の出願開始日の1か月前までに本人または保護者より本学入試事務室(TEL:0254-28-9840)までお問い合わせください。

試験に合格し入学手続を行った後に、入学を辞退することはできますか?

「一般入試」「センター試験利用入試」に合格し、入学手続を完了した後に入学を辞退する場合、所定の期日までに入学辞退の手続を完了した方に限り、入学金を除く入学手続時納付金等を返還します。

インターネット出願について

どの試験区分でもインターネット出願を利用できますか?

はい、全ての試験区分でインターネット出願を利用できます。

パソコンが自宅になくインターネット環境がありません。

ご自宅等のインターネット環境により出願が困難な場合は、学生募集要項に同封されている本学指定の書類(入学志願票等)に必要事項を記入し、出願してください。

携帯電話やスマートフォンから出願できますか?

インターネット出願は、「入学志願票」や「写真票」等を印刷する必要があります。お使いの携帯電話やスマートフォンで、プリンター出力ができる環境であれば出願登録ができます。

プリンターが自宅になく印刷できません。

学校や図書館等のプリンターを使用して印刷してください。

メールアドレスは必要ですか?

【インターネット出願】では、メールアドレスの登録を必須としています。これは出願登録完了時や入金完了時に確認メールを送信するために使用します。なおメールアドレスを登録する際は、PCメールアドレスの入力を推奨します。携帯メールアドレスを入力した場合に「受信/拒否設定」によって送信メールが届かない可能性があります。あらかじめドメイン(@e-apply.jp)を受信設定してください。

入学検定料はどのように支払えば良いのですか?

クレジットカードやネットバンキングまたはコンビニエンスストア等からお支払い可能です。
支払い方法選択後に表示されるお支払いに必要な番号等を控え、所定の方法にてお支払いください。なお、お支払い前であれば出願登録のやり直しもできます。

インターネット出願は操作が難しそうです。

インターネット出願はガイダンス画面の表示に従って入力をしていくだけで出願登録ができます。また入力内容の自動チェックシステムや入力補助機能がついているため、スムーズに出願することが可能です。さらに登録完了前に出願内容を確認できるため、入力漏れや入力ミス等もなく安心して手続きを行うことができます。

入力情報を間違えてしまいました。修正できますか?

入学検定料のお支払い前であれば、何度でも修正可能です。その場合はすでに入力した 情報をそのままにし、新たに初めから出願登録してください。

受験票は大学に郵送しなくても良いのですか?

はい。受験票は大学に郵送せず自身で保管し、試験当日にご持参ください。

出願登録完了の通知は届きますか?

インターネット出願登録完了および出願書類が本学に到着後、登録したメール アドレスにお送りする受験票出力案内をもって出願完了となります。

入学検定料の支払い方法でクレジットカードを選択してしまいました。修正できますか?

修正できません。クレジットカードを選択した場合、出願登録と同時に支払いが完了しますのでご注意ください。

手書き出願について

出願後に書類不備があった場合どうなりますか?

不足書類、不備事項があった場合や出願期間(締切日消印有効)を過ぎた場合は、出願が認められません。
特に出願締切日間近に不備等があった場合は、受験できなくなることがあります。必要な書類や記入事項を十分に確認のうえ、余裕をもって出願してください。

受験票が届きません。

試験日の3日前までに「受験票」が届かない場合は本学入試事務室(TEL:0254-28-9840)までお問い合わせください。にご連絡ください。

共通事項・その他

出願書類に不備があった場合は、どうなりますか?

不足書類、不備事項があった場合や出願期間(締切日消印有効)を過ぎた場合は、出願が認められません。
特に出願締切日間近に不備等があった場合は、受験できなくなることがあります。必要な書類や記入事項を十分に確認のうえ、余裕をもって出願してください

出願書類に、記入ミスをしてしまいました。どうすればよいでしょうか?

記入ミスした場合は、ミスした記入箇所の上から黒色のペンまたはボールペンで二重線を引き、その上に訂正印を押し、余白に正しく記入してください。記入の訂正により合否判定で不利になることはありませんのでご安心ください。また、二重線での訂正が困難な書き損じた汚れ等が生じた場合は、本学入試事務室(TEL:0254-28-9840)までお問い合わせください。

現役生と既卒生の違いによる有利、不利はありますか?

合否判定において、現役生と既卒生の区別はされませんので、卒業年度による有利・不利は生じません。

身体に障害があるのですが、受験することはできますか?

心身に障がい(学校教育法施行令第22条の3に定める身体障害の程度等)があり、受験上および就学上特別な配慮を必要とする方は、各試験区分の1か月前までに本人または保護者より本学入試事務室へお申し出ください。また、不慮の事故等により、出願後に特別な配慮が必要となった場合も速やかに本学入試事務室(TEL:0254-28-9840)へお申し出ください。なお、申し出が無い場合は、受験上および就学上の特別措置等が認められない場合がありますので、ご了承ください。

試験の際、宿泊の幹施はしてもらえますか?

宿泊の幹施は行いません。宿泊を希望する方は、各自で直接ホテルに連絡し予約してください。

試験に合格し入学手続きを行う場合は、入学金のみ納めれば良いのですか?

いいえ、入学手続きは、試験区分ごとに定められた入学手続き期間内に入学手続時納付金およびその他諸経費を納入し、入学手続き書類を提出しなければなりません。 入学手続時納付金は、入学金、授業料(半期分)、施設設備費(半期分)、実験実習費(半期分)の合計金額、その他諸経費は学友会費用、後援会費等の合計金額が必要となります。

試験に合格し入学手続きを行った後に、入学を辞退することはできますか?

「一般入試」に合格し、入学手続きを完了した後に入学を辞退する場合、所定の期日までに入学辞退の手続きを完了した方に限り、入学金を除く入学手続時納付金等を返還します。 入学辞退手続きの詳細は、7月に発行の『2019年度 学生募集要項』をご覧ください。

新潟食料農業大学周辺にアパートはありますか?

大学周辺の地域には学生向けのアパートが多数あり、十分な部屋数を確保しています。
本学が直接アパートを仲介することはありませんが、本学を受験し合格された方には、合格通知書と共にアパート斡旋協力会社の物件情報冊子をお送りします。

学生生活について

住環境について

学生寮はありますか?

学生寮はありません。胎内市つつじが丘エリアに本学の学生専用「ドミトリーつつじが丘」を準備中です。スクールバスの発着、インターネット使い放題、生活家電付き(部屋数限定)など学生生活を安全・安心・快適に過ごすことができます。

一人暮らしを検討しています。どの辺りが良いですか?

中条駅周辺(胎内キャンパスの最寄駅)、豊栄駅周辺(新潟キャンパスの最寄駅)、新発田駅周辺(両キャンパスの中間地点)が本学学生の拠点となります。「リビングギャラリー新発田店」と提携し、安心・安全・快適なお部屋探しをサポートします。本学の学生限定のお得なサービスや生活を守るサポートも充実しています。

通学方法について

通学方法を教えてください

各キャンパスの最寄駅から無料のスクールバスが運行します。胎内キャンパスと新潟キャンパスをつなぐバスも運行し、皆様の通学をサポートします。また、両キャンパスとも無料駐車場を完備し、車での通学も可能です。

課外活動について

部活、クラブ、サークルなどはどのようなものがありますか?

自転車競技部を創部しました。新潟の大自然の中で心身共に強い個性的な選手を育てます。 その他の部活、サークルなどは、学生の皆様が中心となり新しく創り上げていきます。様々なことにチャレンジできるよう大学側がサポートしていきます。

学園祭等のイベントはどのようなことを計画していますか?

学園祭等のイベントは学生が中心に企画・運営していきます。活気あるイベントとなるよう大学側もサポートしていきます。

学生保険について

授業中のケガは保険等の適用がありますか?

本学では、安心して学生生活が送れるよう、在学中に不慮の事故によって被った障害補償や実習中の偶発的事故による学生自身の怪我、他人への賠償に備えるため、原則として入学時にすべての入学者に学生総合保障制度保険へご加入いただきます。
ご加入にあたっては、希望のタイプを選択いただきます。
以下記載金額は4年間分の加入料となります。詳細は2月下旬頃入学予定者にご案内します


保険料(4年間)
タイプA 94,380円
タイプB 43,920円
タイプC 36,860円
タイプD 22,730円

学費・学費サポートについて

学費・学費サポートについて

学生納付金について教えてください。

初年度の学生納付金は、入学金を含めて150万円です。
2~4年次は135万円、4年間計555万円です。
毎年、前期分を4月に、後期分を10月に口座振替より納付していただきます。

学生納付金以外で必要な費用を教えてください。

教科書・参考書等の購入費や、白衣・作業着・長靴等学生個人が使用する物品の購入費が必要となります。また、本学では情報処理能力の修得および向上のため、学生全員にノート型パソコンを所持していただくこととしております。

特待生制度について教えて下さい。

本学では、一般入試前期日程を受験し、成績優秀な合格者を特待生として採用し、学生納付金を免除します。

対象者 一般入試(前期日程)を受験し、成績上位で合格した方
対象人数 成績上位10名
免除内容 入学金を含む1年次の学生納付金を全額免除(150万円)

奨学金など制度はありますか?

本学では、独自の奨学金制度の他、日本学生支援機構をはじめとした奨学金や教育ローンなど、各種の学費支援制度を取り扱っております。

新潟食料農業大学 奨学金制度

内容 奨学金の給付
出願資格 経済的理由により修学が困難であり、かつ成績が優秀な学生
採用人数 10名(2年次~4年次)
給付金額 (年額25万円)
選考方法 書類審査および面接(募集時期:9月頃を予定)

新潟食料農業大学 学資融資奨学金制度

内容 教育ローンの利子相当額の給付
出願資格 経済的理由により修学が困難である学生
採用人数 10名を上限(毎年審査のうえ。決定)
給付金額 (年額)各自が利用している教育ローンの利子相当額
選考方法 書類審査および面接(募集時期:9月頃を予定)

各種奨学金制度

日本学生支援機構、地方自治体、国の教育ローン、公的・民間団体など
  • 新潟食料農業大学 公式Facebook
  • 新潟食料農業大学 公式Twitter
  • 新潟食料農業大学 公式LINE

Copyright © Niigata Agro-Food University All Rights Reserved.

ページトップへ戻る