活動実績

自治体や地域の方々による様々なご協力により、実践的で非常に充実した内容の活動をさせていただいています。

日本政策金融公庫新潟支店と「産学連携の協力推進に関する覚書」を締結

日本政策金融公庫新潟支店と産学連携の協力推進に関する協定を締結することで合意し、締結しました。具体的な取り組みとして、大学の研究成果等のシーズと食料産業事業者とのマッチング、日本政策金融公庫の新規就農支援に対する技術相談に関する支援、地域食料産業事業者等の技術ニーズの情報提供など。

他にも、日本政策金融公庫が全国の高校生を対象に開催している「高校生ビジネスプラン・グランプリ」の取組みの一環として公庫職員がビジネスプラン作成のサポートを行う「出張授業」のノウハウを活かし、本学の教員と協力して、学生に対して創業マインドの向上を図る講義なども実施する予定です。

胎内市および胎内市農業協同組合三者包括連携協定を締結

胎内市長 井畑 明彦 様、胎内市農業協同組合 代表理事組合長、齋藤 和信 様および本学渡辺 好明学長により協定を締結しました。
今後は胎内市の地域振興および教育・学術・研究活動により、新たな価値を創造することで活力のある豊かな地域社会の形成および発展に寄与することを目的とした様々な連携活動を行っていきます。

糸魚川市と包括連携協定を締結

糸魚川市米田市長および本学渡辺 好明学長により協定を締結しました。
今後は糸魚川市内の農林水産業や6次産業化されたビジネスの場など、市全体を学習フィールドとして、大学の実習や研究、市内小・中・高校への出張授業などに相互に連携して取り組んでまいります。なお、本協定に関連し、米田市長と久保田産学官推進企画官が本学の客員教授に就任いただきました。

 

新発田市と包括連携協定を締結


新発田市二階堂市長および本学渡辺好明学長により協定を締結しました。
今後は「食」や「農」をテーマに、それぞれが持つ強み、特性を活かしながら、新発田市の地域社会の発展や産業振興、未来を担う人材育成に寄与することを目的に、農業や食料の振興や教育・研究活動などに相互に連携して取り組んでまいります。

公開セミナー

アグロフードセミナーの開催

  テーマ 講師

2018年度

第1回 改正食品衛生法公布とフードチェーンの安全について 日本食品分析センター学術顧問 一色 賢司氏
新潟県食品衛生協会専務理事 牧 吉範氏
キッコーマン食品株式会社 品質管理部長 佐々木 努氏
株式会社トリドールホールディングス 草野 篤氏
第2回 新潟における食料農業の未来 宮城大学名誉教授 大泉 一貫氏
ベジタリア株式会社 代表取締役社長 小池 聡氏
新潟市農林水産部ニューフードバレー特区課長 齋藤 和弘氏
オランダ大使館参事官 エバートヤン・クライエンブリンク氏

第3回

容器開発が食料産業に与えるインパクト

キッコーマン食品株式会社 容器包装開発チームリーダー 桑垣 傳美氏
株式会社 悠心 代表取締役社長 二瀬 克規氏

2019年度

 

第1回

スマート野菜園芸、今とこれから

農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究調整官 中野 明正氏
農研機構 野菜花き研究部門 野菜生産システム研究領域 施設生産ユニット長 東出 忠桐氏

第2回

野菜生産にICTを!賢く使う!

農研機構 野菜花き研究部門 野菜生産システム研究領域 生産工学ユニット長 岩崎 泰永氏

農研機構 野菜花き研究部門 野菜生産システム研究領域 施設生産ユニット
上級研究員 安 東赫氏

※2019年度第3回のアグロフードセミナーは、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、延期といたしました。