新潟食料農業大学 Niigata Agro-Food University

NATU-LIFE Niigata Agro Food Univercity Student Voice

一期生として新潟食料農業大学に入学し、今までにない「食」「農」「ビジネス」の一体的な学びを体感している在学生たちに、本学の魅力をインタビューしました。“食”に関わる学びや仕事に興味のある高校生のみなさんと同じ志を持つ一期生が食農大でのキャンパスライフ“NAFU-LIFE”を紹介します。

「食」で子供たちの健康をサポートしたい

福島県
出身
湯田 瑞希
湯田 瑞希さん
会津高校出身
  • 学内にある和室で、地域の方と交流を深めました

  • 全国規模のビジネスコンテスト「外食インカレ」に挑戦!

「食」で子供たちの健康をサポートしたい

食農大を目指したきっかけは?

幼いころに見たドラマの影響で、品種改良などの植物の仕組みに興味があり、食品の栄養についても学びたいと思い、農学部を考えていました。進学先に悩んでいるときに塾の先生から本学を紹介され、私がやりたいことができるのではないかと勧めてもらいました。

食農大で学びたいことは?

食品の開発・研究に携わりたいので、栄養・成分・加工・製造の内容を詳しく学びたいです。また、私の地元の食品企業でも導入が始まっている食品製造、品質管理の現場で役立つHACCP管理者の資格取得も目指しています。将来は、食べ物の好き嫌いや孤食等で栄養の偏りがある食生活を送っている子供たちや、世界の肥満・栄養失調等の問題の改善に関わりたいです。

高校生の皆さんに一言

本学では、様々な専門分野を持つ先生方の授業や課外活動を通して、自分の視野を広げることができます。私自身も、今まで興味のなかった分野の面白さや新潟の魅力を知ることができました。高校生の皆さんにも、将来の選択肢や興味の幅を狭めずに、たくさんのことを学んでほしいです。

自分の手で地域活性に取り組む楽しさ

新潟県
出身
野口 嶺音さん
新潟東高校出身
  • 授業内には発表の場が多くあります

  • 地域の方と一緒に様々な活動に挑戦!

自分の手で地域活性に取り組む楽しさ

食農大の魅力は?

地域での課外活動が充実しているところです。私は胎内市の坂井地区で活動しています。最初は無農薬栽培に興味があり活動に参加しましたが、地域での交流、里の駅の制作などさまざまな取り組みに発展し、地域活性にも携わることができました。今は手伝いという形ですが、今後は自分で坂井地区を盛り上げていく企画をプランニングし、実現をさせていきたいと思っています。

これからの目標を教えてください

将来は、地域の野菜や特産品を使った農家レストランの経営に携わりたいです。課外活動を通して農村の暖かさや、食材へのこだわりなど色々な発見があり、その魅力をより多くの人に届けていきたいと思っています。地域政策論などを学んでビジネスの知識を深め、経営や6次産業化についての実践力を身につけたいです。

高校生の皆さんに一言

本学には、新しい発見や出会い、初めての経験がたくさんあります。皆さんの興味のある分野や、やりたいことが絶対見つかります。その第一歩として是非一度オープンキャンパスに参加してみてください。不安な事や気になったことをどんどん聞いてください。在学生や教職員が親身になって話を聞いてくれます。

夢の実現に寄り添ってくれる先生と地元企業の方との出会い

山形県
出身
大井 望里さん
庄内農業高校出身
  • 雨の日も愛情込めてブドウの栽培を行いました

  • ワイナリーでの活動を地域の方の前でプレゼン

夢の実現に寄り添ってくれる先生と地元企業の方との出会い

食農大を目指したきっかけは?

高校生の時に地元でワイナリーの手伝いに行ったことがきっかけで、世界中で愛されるワインに興味を持ちました。地元の進路相談会で本学のことを知り、ワイナリーにはブドウの栽培から醸造、販売など6次産業化を行っているところが多く、栽培も販売も学べる本学に進学しようと思いました。

食農大の魅力は?

素敵な出会いがたくさんあることです。私は、入学前の大学説明会で一人の先生に自分のワインへの夢を話しました。学内にはワインを専門に学ぶ施設はありませんが、なんとその先生が地元のワイナリーの方と連携し、私たちがお手伝いしながらワインづくりを学べる環境を作ってくれていたのです。また、ワイナリーでの活動を通して、他のワイナリーを運営する方々とも関わることができました。

これからの目標を教えてください

私は、未成年なのでワインを飲めるのはまだ先ですが、高校生の皆さんも、実際に自分が携わったブドウで作られたワインを飲める日が来ると思うとワクワクすると思います。将来は、日本の気候や文化に受け入れられ、愛されるようなワインを作りたいと考えていますが、本学は学べる分野が幅広いので将来の夢も変わっていくかもしれません。

モノづくりの基礎から、食品の付加価値化まで学べる

長野県
出身
原 健さん
上田染谷丘高校出身
  • オープンキャンパスの学生スタッフとして地域連携活動を紹介しています

  • 三八市で「社長」を務め、成果発表会では優秀賞をもらいました

モノづくりの基礎から、食品の付加価値化まで学べる

食農大で学びたいことは?

食品の発酵や微生物について研究したいです。実家が味噌を製造・販売しているため、昔から麹菌などに興味がありました。食品の製造だけではなく、これからの日本の「食」の成長を支えるために、6次産業化の視点は重要だと思うので、特に経営者としてビジネスの視点を学んでいきたいです。

これからの目標について教えてください

本学で学ぶ中で、自分で何かを成し遂げたいという熱意が湧いてきました。「食」や「農」を通して人の役に立てるものを生み出したいです。今後は、インターンシップへの挑戦や、6次産業化プロデューサーの資格を目指して、将来的には新しい価値を持つ商品の開発をしたいです。

新潟での学生生活はどうですか?

新潟はやはり食がおいしいですね。とても大きな酒造があることにも驚きました。地元との食文化の違いを見つけるのも楽しいです。大学祭ではイベントの企画・運営をしたり、フットサルやバレーサークル、オープンキャンパスの学生スタッフなどいろんなことに挑戦しています。高校生の皆さんには、とにかく勉強した方がいい、今学んでいることが大学に来ても絶対に役立つと伝えたいです。

学びたいことを全て学べる学部

群馬県
出身
吉永 実記さん
前橋東高校出身
  • 実習はコミュニケーションの場でもあります

  • 三八市では商品の仕入れから販売までを体験

学びたいことを全て学べる学部

食農大を目指したきっかけは?

薬用植物について勉強したいと思っていて、薬学部か農学部を調べていました。植物自体を研究できるところを探していたところ、新潟に新しい大学ができることを知りました。コース選択も2年次からで、いろんな分野を学べて選択肢を広げられることに魅力を感じました。

印象に残っていることは?

夏休みに先生方のサポートとして、毎日圃場に通ったことです。実際にトウモロコシやナスの栽培をしましたが、自然に囲まれ、友達や先生と一緒に体を動かしていることがとても楽しかったです。私たちは一期生ということもあり、先生方との距離がとても近いと思います。先生方は専門的な知識を教えてくれるだけでなく、ユーモアもあるし、様々な考え方を教えてくれて、私も視野を大きく広げることができました。

新潟での学生生活はどうですか?

高校までは同級生や家族としか会話をしませんでしたが、年代も出身も違う人と話すことで、新しい考え方を知り、もっといろんな人と関わりたいと思うようになりました。また、一人暮らしをしているので友達がよく遊びに来ます。授業で学んだ栄養などの知識を活かしながら一緒に料理をするのがとても楽しいです。

  • 全国から学びにきています

    新潟県内40% 新潟県外60%

    [出身者が多い県]

    1位 / 新潟県
    2位 / 福島県・長野県
    3位 / 山形県
    4位 / 宮城県・埼玉県

  • ひとり暮らしや通学も安心!

    • 学生専用アパート

      胎内キャンパスから無料スクールバスで20分程の場所に本学学生専用アパートがあり、そこで暮らす学生が多いです。

    • 無料スクールバス

      胎内・新潟キャンパスの各最寄り駅である中条駅・豊栄駅から無料のスクールバスが運行しています!学生専用アパートやスーパーにも発着します。

NAFU-LIFE TOPICS 本学でキミの未来を見つけよう!

1年次から実習がある!

1年次前期の「農学基礎実習」では、畑、ビニールハウス、ガラス温室、田んぼを利用し、様々な作物の栽培実習を行います。収穫後は食味検査を行い、慣行栽培と有機栽培での糖度や香りの違いなどを比較したり、収穫量の比較やその原因についての考察を学科全員の前でプレゼンテーションします。
「基礎ゼミⅠ」の授業では、キャンパスのある胎内市で300年続く露店市に出店し、市場調査から販売商品・仕入れ先の決定、価格設定、店舗装飾など自分たちで工夫を凝らしながら地元に根付いた「ビジネス」を実践的に学びます。

  • 「農学基礎実習」では、チームに分かれ少人数制でじっくりと栽培を学ぶ

  • 胎内市伝統の露店市「三八市」への出店には、多くの地域の方が参加

  • ただ体を動かすのではなく、科学的に農作物がどのように育つのかを1年次から体感できるのはとても貴重な経験です!

実験機器・設備が充実!

「食」や「農」に関わる高度な研究・開発のための最新の実験機器・設備が揃っています。ガラス温室では、最新のICTを取り入れ、温度や湿度、養分などを一定に保ちながら水耕栽培の実験・実習ができます。学生実験室には、食品や農作物に含まれる栄養素や糖度の測定、食品の加熱や真空状態での缶詰製造などを行うための実験機器が揃っています。これらの機器・設備を使用し、細菌やウイルス、遺伝子組み換えや異物混入の研究、微生物の増殖の様子の観察など、「食」「農」分野の課題解決や新しい価値の創出に応用していきます。

  • 最新設備の揃う温室ではトマトや研究用のイチゴなどを栽培

  • DNAを解析できる装置など専門的な機器が揃っています

  • 実験機器・設備は他の大学にも負けないくらい充実しています。ぜひオープンキャンパスに参加して実際に見てください!

苦手科目のサポートがある

化学の基礎、数学の基礎、物理学の基礎、生物学の基礎など、理数系の科目を1年次に開講し、苦手克服のサポートをします。クラス制で個々のレベルに合わせた授業で、高校時代に苦手だった科目や未履修科目を早い段階で克服し、コースでの専門科目の学びをスムーズにします。
また、4年間必修の英語科目ではレベル別の授業を通して苦手意識をなくし、日本の「食」と「農」を海外に発信する実践力を身につけます。

  • クラス単位で理数系科目の苦手を克服

  • 会話力重視の授業で、英語での発信力を身につける

  • 苦手な人が多い「化学の基礎」では、先生が各自のレベルにあった課題を出してくれたり、サポートが手厚いです。

地域と連携した活動が充実!

本学は地域・産業と連携し、開学初年度に日本政策金融公庫 新潟支店、胎内市、JA胎内市と連携協定を締結しています。地域の方々の協力のもと、無農薬栽培や地域の特産品の商品化、地元企業でのワイン造りの体験、地域おこしのための里の駅作成プロジェクトなど様々な活動に挑戦し、地域に根差した本学ならではの学びを深めることができます。

  • 胎内市の地域おこし協力隊の方や、地域の方々と一緒に、無農薬栽培や商品開発など様々な活動を展開

  • 地域の特産品などを販売する「里の駅」プロジェクトに参加

  • 地域連携活動を通して、ビジネスを学びたいと思いました!
  • 地域の方が私たちの活動一つひとつを全力で応援してくれます!