食農女子 未来の「種」育成中!!

食農女子って? こんな女子におすすめです!

キーワード

  • 新メニューを開発したい
  • 食品開発に興味がある
  • 食べることが好き
  • 料理が得意
  • “おいしさ”を追究したい
  • 食の安全に興味がある

本学では、「食」「農」「ビジネス」分野を一体的に学びます。上記のキーワードに興味があれば、本学であなたの“好き”を大学での“学問”につなげることができます。

食農分野は文理融合!?

食農分野は文系・理系両方の知識を活かすことができます。流通やトレンドを学んだり、植物や食品の味つけを研究したりと、幅広い分野を学びます。本学では文系・理系を問わず、すべての高校での学びが活かせます。あなたの“得意”と大学での新しい知識・技術を掛け合わせて、食の未来を創造することができます。

「食」に関わる仕事が人気!

「食」に関わる仕事は人々が生きる上で不可欠な分野であり、安定した業界です。
就職先も幅広く、例えば新たな機能性食品の開発、コンビニ・スーパーマーケット等での商品のメニュー提案など、人気の現場で、女子ならではの視点が必要とされています。本学では「食」×「農」×「ビジネス」を社会で実現させる実践力を身につけることができます。

環境にやさしい食品づくりに貢献したい!

中学生の時に、色によって食欲が変化することを不思議に思い、食品が持つ色や機能、栄養が人に与える影響に興味を持ちました。大学では、栄養や成分の数値を比較し、食の機能性や安全性、リスクを考えることで食に関わる専門知識を修得したいです。

将来は、食品廃棄物の環境への負荷が低いリサイクル・資源化に関わり環境に優しい食品づくりに貢献したいです。

食料産業学科2年 ビジネスコース
渡辺 舞
(新潟県立新潟江南高校出身)

人々の健康を支える食品を開発したい!

幼い頃から食べることが大好きで、子供たちの食生活の改善に携わるための勉強がしたいと思い、本学を志望しました。栄養・成分・加工・製造の専門的な知識・技術を修得し、さらに、私の地元が導入を始めた食品の衛生管理に関わるHACCP管理者の資格も取得したいです。

将来は商品開発に携わり、食べ物の好き嫌いや「個食・孤食」等で栄養の偏りがある食生活や世界の肥満・栄養失調等の問題の改善に貢献したいです。

食料産業学科2年 フードコース
湯田 瑞希
(福島県立会津高校出身)

NAFU女子が目指す将来の活躍の場

本学では「食」「農」「ビジネス」を一体的に学び、さらに各分野の専門的な知識・技術の修得により、「食」に関わるあらゆる分野で活躍できる人材を育成します。

商品開発

食品メーカーや外食産業などで試作・試食を繰り返しながら、新しい食品や提供方法などを生み出します。

品質管理

食品の製造や加工現場の衛生管理だけでなく、レストランやコンビニ・スーパーマーケットなど幅広く管理・指導する仕事です。

加工技術開発

食品の機能性を活かした新しい加工や保存技術の研究・開発を行い、商品開発・製品化に繋げます。

製造技術管理

安定して消費者に商品を届ける製造技術や、製造過程で発生する廃棄物のリサイクル方法などを研究・開発します。

その他にも、公務員や、農家レストラン、地域活性のコーディネーターなど幅広い分野で活躍を目指すことができます。

今注目の資格HACCP (ハサップ)管理者の資格を取得可能!

HACCPとは

HACCPは、危害の発生防止につながる重要な管理点を継続的に監視・記録する工程管理システムです。旧来の一部製品の抜き取り検査では、製造工程における監視体制が十分でないため、異物混入の発生防止やその事故原因の追及が難しいという事情がありました。一方、HACCPでは、これらの事故の防止や原因追及が容易なため、アメリカやEUでは、食品製造時の衛生管理の標準的な手法として、多くの食品分野に義務づけられています。

国も義務化を決定!HACCPは“食”に関わる就職に有利!

日本においても、近年の日本食ブームによる食品輸出の拡大や、2020年東京オリンピックの開催により「食の安全」への注目の高まりから、国会においてHACCPの制度化を含む食品衛生法改正が決定されました。実際に、国内の食品関係企業でも、HACCPの導入が強化されており、HACCPシステムについて十分な知識をもって実務を行う、あるいは、指導する立場の人材“HACCP管理者”が多く求められています。

新潟県内の大学で唯一HACCP管理者資格が取得可能

本学では、特定の科目(フードコースにて開講)を履修することでHACCP管理者の資格を取得することができます。新潟県内の大学では唯一HACCP管理者の資格を取得でき、さらに農作物の「生産」や、製造された食品の「流通」「販売」までを総合的に学ぶことで、「食」に関わる全ての分野の衛生管理に関わることができます。