【紅はるかプロジェクト】「はるかなた」ロゴお披露目会を実施しました

食農大の日常 2019.11.29

JA胎内市・胎内市・本学・生産者の皆さんが共同で取り組んでいる、胎内市産紅はるか:ブランド名「はるかなた」ブランドプロジェクトが進行中です。

10月27日(日)ぷれすぽ胎内にて実施された「2019胎内いいもんまつり」にて
先日アンケートによって決定された「はるかなた」のロゴが初お披露目されました。

 

当日は、本学客員教授である井畑明彦胎内市長、齋藤和信JA胎内市代表理事組合長と、本学中井裕副学長が除幕式に参加しました。

本学学生が今回のロゴお披露目までのプロジェクトの経緯をポスター発表し
齋藤様からもプロジェクトに対するメッセージをいただきました。

参加した学生に今後について聞くと
「12月中旬から、はるかなたが出荷されます。
手に取ってくれる人が増えるように、各コースの目線で授業で学んだことを実践していきたいです」
と、次のステップに向けてやる気にあふれていました。

関連記事

NAFUマガジン一覧へ