本学のコンセプト

食・農・ビジネスを一体的に学ぶ
「食」の総合大学です。

今、日本のみならず世界の食料産業において、生産から加工・販売までの一連の流れを理解し、食料産業を総合的に捉えることができる人材が求められています。本学は、このような消費者が求める価値を創造する食の総合的な知識・技術を備えた人材のことを“食のジェネラリスト”と呼び、日本で唯一の「食料産業をトータルに学ぶことができる高等教育機関」つまり「食」の総合大学として、その育成に全力を挙げています。

食料産業とは?

トマトを例に挙げて説明します。トマトはどこかの地域で「生産」されます。そしてまたどこかの地域で「加工」されトマトジュースとなり、流通経路をへて消費地に運ばれ、「販売」され、「食卓」に上がり消費されます。このような一連の流れを「フードチェーン」と呼びます。野菜・果物・肉・魚などすべての生産物はこのフードチェーンの各段階を経て、私たちの食卓へ届きます。そしてこの流れの原動力は、「おいしいものが食べたい!」「栄養価の高いものが欲しい!」「便利なものがいい!」というような、「消費者のニーズ」です。そのためフードチェーンの各段階では、この消費者のニーズを意識した動きが求められます。つまり「食料産業」は、このフードチェーンの各段階をつかさどるあらゆる仕事が連携して、消費者のニーズに沿った「食」を提供する産業です。

食料産業を理解するには?

【01】フードチェーンの総合理解

食料産業の一連の流れ「フードチェーン」は、従来の学問においては、「生産・加工・流通・販売」の各段階は別々の学問分野で教育されており、食料産業を包括的に捉えることができる人材の不足が指摘されています。そこで本学では、このフードチェーン全体を網羅する学問を「食料産業学」と定義し、入学直後からそれぞれの段階を分け隔てなく学び、総合理解を深めます。

フードチェーンとは

【02】マーケットインの発想

フードチェーンの動きの基本は「ものを作り、売ること」。そしてその動きを加速させるのは「マーケット(消費者・市場)のニーズ」です。いくら良いものを作っても、消費者や市場が求めるものでなければ売れないからです。この「消費者や市場が求めるもの」を起点に考えることを、「マーケットイン」といいます。フードチェーンのどの段階においても、このマーケットインの発想が不可欠です。

マーケットインとは

【03】現場での体験

フードチェーンの基盤は地域です。なぜならすべての生産物は、その地域の地形・気候・交通などといった特性に合わせて作られ、加工・流通・販売の形態も地域の特性に応じて変化するからです。地域を理解することや現場での体験なしにフードチェーンの総合理解は不可能です。本学では「地域での実習」や「現場で活躍する人物の講義」など、現場での体験や理解を重視しています。

食・農・ビジネスを一体的に学ぶ

食料産業を理解し、「食のジェネラリスト」になるためには、食・農・ビジネスを一体的に学ぶ必要があります。それは「フードチェーン」において、食・農・ビジネスが一体的に存在しているからです。

例えば食品販売(ビジネス)を担う人が、その食品の原料がどのように生まれ育つのか(農)、どのように加工されるのか(食)、という意識がなければ、安全・安心な食を提供することはできないでしょう。また、原料を育てる生産者(農)や食品加工の開発・研究者(食)は、その生産物・加工品がどのように流通・販売されるのか(ビジネス)を意識して取り組まなければ、それぞれの成果を消費者に届けることは難しいでしょう。

本学では従来の学部とは異なり、食・農・ビジネスを一体的に学び、「1. フードチェーンの総合理解」「2. マーケットインの発想」「3. 現場での体験」を修得し、食料産業のあらゆる現場で活躍できる「食のジェネラリスト」を育成します。