本学のコンセプト

新潟食料農業大学は
食・農・ビジネスを一体的に学ぶ
「食」の総合大学です。

今、日本のみならず世界の食料産業において、生産から加工・販売までの一連の流れを理解し、食料産業を横断的な視点で捉えることができる人材が求められています。本学は、この様な消費者が求める価値を持つ農産物や食品を生み出し、これらを製造・流通・販売する仕組みを創り出す能力を持つ人材のことを“食のジェネラリスト”と呼び、日本で唯一「食料産業をトータルに学ぶことができる高等教育機関」として、その育成に全力を挙げています。

食・農・ビジネスを一体的に学ぶ

各分野の専門家、またはその卵を育てることが大学の役割であり、関連分野を含めて広い知識を持つジェネラリストに育てるのは企業の役割といった考え方があります。しかし、今、企業や社会が求めているものは、即戦力人材です。

本学は、高度な専門性を持った“食のジェネラリスト”“実社会における即戦力人材の育成”を目的として設立され、食・農・ビジネスを一体的に学べることが最大の特徴です。最少の時間で最大の効果を上げるように設計されたカリキュラムに基づき、高い専門性と幅広い視野を持った教授陣が指導します。4年間を通して、サイエンス・テクノロジー・ビジネスを三位一体に学び、このなかで論理的・創造的な科学思考を身につけ、イノベーション力、コミュニケーション力、国際力を磨きます。

本学は、食・農・ビジネスを一体的に学ぶには、以下の3つのことが必要と考えています。すなわち、食料産業を支える「フードチェーンの総合理解」「マーケットインの発想」「現場での体験」です。

1.フードチェーンの総合理解

生産地で作られた生産物は、加工、流通、販売を経て食卓へと届けられます。生産・加工・流通・販売の各段階は、別々に存在するのではなく、一連の流れとして繋がっています。この繋がりを「フードチェーン」と呼びます。入学後、フードチェーンを総合的に理解することによって、食料産業やその関連分野で活躍する自分がみえてきます。

フードチェーン

2.マーケットインの発想

フードチェーンの駆動力は、“ものを作り売ること”、それを加速するのは、“マーケット(消費者・市場)のニーズ” です。いくら良いものを作っても、消費者や市場が求めるものでなければ売れません。生産者や加工業者が最高と考えるものが必ずしも売れるわけではありません。マーケットのニーズ、消費者や市場の声を重視してものを作らなければなりません。これを「マーケットイン」と呼びます。マーケットインの発想に基づいた生産・加工・流通・販売を総合的に学ぶことによって、“ 食のジェネラリスト” になることができます。

マーケットイン

3.現場での体験

実社会で活躍するには現場を知らなければなりません。とくに食料産業は地域と密着した産業です。山・平野・川・海などの地勢・気温・風・雨・土壌・水・交通など地域の特性に合わせて農産物などの生産が行われ、地域特性にあった製造・加工が行われます。

また、地域の特性に合わせて流通・販売の形態が決まります。本学では、地域に足を運んで地域を理解することから始め、現場を体験します。これらにより、フードチェーンを形成する基盤である地域や現場の理解を深めます。また、起業家や現場の専門家による講義やディスカッションを通して、自分が将来活躍する場をしっかりみつめることができるようにしています。