学びの特色

未来の食料産業を担う
“食のジェネラリスト”を育成

本学は他大学に類をみない5つの特色ある教育体制・内容によって、未来の食料産業を担う人材“食のジェネラリスト”を育成します。
新しい食のカタチ・農のカタチを探るうえで、強力なチカラとなるこの5つの特色。本学のみが提供できるこの価値が、卒業時のあなたの価値を創り出します。

【1】「1学科3コース制」による横断的な教育体制

本学は2年次選択の3コース制により、3つの専門知識を身につける体制となっています。
これら3つの専門分野を「学科」ではなく、あえて「コース」にしている理由は、「食料産業学科」として食料産業全体(フードチェーン全体)を一体的に学ぶことで、 3分野の専門家だけでは解決できない問題を解決できる人材“食のジェネラリスト”を育成するためです。
実際に3つのコースに分かれた後も、他コースの授業を自由に履修できたり、他コースの学生と共に学ぶ授業が4年次まであるなど、横断的で総合的な学習・研究が可能です。

3つのコースを横断的に学ぶことで食のジェネラリストが誕生

3つのコース

【2】実社会での即戦力を養う地域連携型・実践力重視の授業

従来の農学系・理学系大学は、大学で得た知識や技術を自ら実社会で活かすのではなく、研究者として研究を続ける人材を育成する傾向にあり、「現場を変えるチカラを持った人材が不足している」という状況が、長年の課題としてありました。本学ではこのような状況を踏まえ、4年間で身につけた専門知識・技術を実社会で活かせるよう、在学中から地域・企業と連携し、実践力重視の授業を展開しています。

1年次と3年次の2回、インターンシップは全員参加

企業の全面協力により本学専用の独自プログラムが用意され、1年次と3年次に全員参加で行われます。1年次は食料産業全体(フードチェーン全体)の複数企業に伺い、自分の将来像をイメージし、次年度のコース選択へと活かします。3年次は各コースの専門に応じた受入先へ向かい、理論や専門知識を現場で活かす経験をし、将来の就業イメージを明確にします。


1年次インターンシップ


3年次インターンシップ

地域との密接な連携から生まれる、実践的な学内外での実習

自治体や地域の方々のご協力により、内容の濃い実践的な学内外での実習を行っています。


朝市「三八市」への出店(基礎ゼミⅠ)


町おこしプロジェクト(基礎ゼミⅡ)

カリキュラム

【3】最先端の研究を実現する最新鋭の施設・設備

本学には、超深度マルチアングル顕微鏡システムや微量成分分析機など、最新機器等が多く設置されています。これらの機器を求めて他大学から学生が共同研究に来るほど、最先端の研究が可能な環境が整っています。また、胎内キャンパス内には圃場やビニールハウス、ガラス温室などもあるため、学外へ移動することなく学内で食物を育成することができ、スムーズな実習・研究が可能です。

施設・設備

【4】各分野をリードし、実践的な知識と技術を持った精鋭の教授・講師陣

本学は、食・農・ビジネスの各分野で教育・研究実績豊富な教員に加え、大手食品メーカーや大手企業での実務経験豊富な教員が複数名在籍。実社会に活かせる実践的な知識・技術を身につけることができます。

現場を理解したうえで研究を進める実務経験豊富な教授・講師陣

本学では、一般企業での実務経験のある教員が全体の2割を占めており、現場からの視点でカリキュラムの配置・実践力修得のための授業内容の充実を行っています。現場に即した研究が可能であることはもちろん、皆さんの将来についても強力な相談相手となります。

現役の活きた知恵を教える外部講師(ゲストスピーカー)

食・農・ビジネス分野の第一線で活躍する外部講師(ゲストスピーカー)による、地域・産業と連携した本学ならではの授業を実施しています。大学での学びを実社会でどのように活かすことができるのか?大学生活だけでは経験できない企業で必要とされる知識・技術を知ると共に、自身の将来像を具体的にイメージすることができる貴重な時間です。

教員紹介

【5】 「世界的な視野」を身につけるグローバル教育

本学では、英語を4年間必修で学ぶほか、語学研修や海外実習なども希望者を対象に実施しています。また、留学生も在籍しており、普段の授業からクラスメイトとして交流しています。学問として「英語を学ぶ」のではなく、英語学習や留学生との交流を通じて、「世界的な視野」を身につけるための「グローバル教育」を実施し、イノベーション力・コミュニケーション力・国際力を磨きます。

英語で“日本食”をプレゼンテーション

「英語プレゼンテーションⅠ・Ⅱ」では、日本の食文化、農文化など食の大学ならではのテーマを題材にスピーチとプレゼンテーション力を磨きます。英語でのグループワークやスピーチに向けた原稿づくりを行い、日本語特有の表現を英語で魅力的に伝える英語力を身につけます。

語学研修・海外実習(2年次春休み)

食料産業の輸出入が盛んなオーストラリアで海外研修を実施します。クイーンズランド大学での語学研修・専門講義、現地の食・農・ビジネス現場の視察、ホームステイなど、農業大国の食・農・ビジネスを英語で学ぶ本学独自のプログラムです。

留学生との日常的な交流

8ヵ国から51名(2019年4月現在)の留学生が、クラスメイトとして一緒に学んでいます。世界を身近な存在として捉えさせてくれる貴重な存在です。

  • 中国…23名
  • ベトナム…18名
  • 韓国…1名
  • ネパール…3名
  • スリランカ…2名
  • カメルーン…1名
  • インドネシア…2名
  • ウズベキスタン…1名