就職実績

就職実績

就職内定率98.8%
食料産業界就職率83.9%

学生1人あたりの求人

求人数5,425人 就職希望者数81人
約70.0人の求人(2022年3月31日現在)

就職者の業種別比率

食料産業は日本有数の巨大な産業

食料産業は農林水産業から製造・流通・外食まですべてを含み、農業単体の約10倍の規模をもつ日本有数の巨大産業です。ここでは、その規模の大きさを、国内生産額と就業者数から見てみましょう。

国内生産額から見る規模

食料産業の2018年の国内生産額は117兆円で、全経済活動の約1割に当たります。農業単体のみの生産額は12兆円ですので、10倍以上の規模になります。この国内生産額は年々増えており、2009年から右肩上がりを続けています。

食料産業の国内生産額

他業種の産業規模(参考)

自動車:62.3 兆円 建設業:54.5 兆円 医療業界:40.8 兆円

食料品製造業分野の有効求人倍率は増加傾向

有効求人倍率の推移

食品製造業における労働力需給の現在の状況は、他の製造業と比べ雇用人員不足感が高い状況にあります。 2021年度は製造業全体の有効求人倍率が1.62(※1)であるのに対して、飲食料品製造業分野の有効求人倍率は2.19(※2)と、依然他の製造業に比べて高い傾向です。

※1:厚生労働省「一般職業紹介状況」より抜粋
※2:農林水産省「有効求人倍率の増減」より抜粋