食品加工・開発サークルが三八市へ出店!

食農大の日常 2019.11.20

2期生たちが立ち上げた「食品加工・開発サークル」が胎内市の朝市「三八市」へ出店しました。

1年次の「基礎ゼミⅠ」で出店した経験を活かして

まずは自分たちで販売をしてみようと、10月23日(水)に出店を行いました。

sdr

販売したのは、あんこやもなか、つくだになど様々。

仕入れや販売価格の決定、装飾まで自分たちで行いました。

sdr

参加した学生は、「実際に出店してみて、お客さんとコミュニケーションをとる中で
様々な情報をえることができた」と話していました。

 

今後の目標は、自分たちで栽培した作物を加工し、販売する、とのこです。
4月から本格始動とのことなので、いまから楽しみですね♪

関連記事

NAFUマガジン一覧へ