アグリコース

人と環境にやさしく、
安全でおいしい作物を「つくる」

食物の栽培・生産を中心に専門分野への就職を目指すことが可能です。
またフード(加工)、ビジネス(経営・経済)を一体的に学ぶことにより、将来幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

アグリコースの魅力

1年次から3年次までの切れ目ない実習

1~3年次まで切れ目なく実習科目があり、学んだ知識を体験に変えて実践力を修得します。さらに学外の試験研究機関や生産組織(農業法人やJAなど)の見学、共同研究に実際に参加することにより、学んだ技術の応用力を養います。

充実した教育環境

学内外に畑圃場・ガラス温室・水田があり、無農薬栽培・有機栽培の実習や作物生理・微生物にかかわる研究ができます。作物の品質解析や水・土壌・作物体を対象にした微量元素分析、遺伝子解析ができる最新機器も学内に揃っています。

取得可能資格

カリキュラム(2年次以降)

人と環境にやさしく、安全でおいしい作物の生産のため、作物の生理・生態や生産技術にかかわる「栽培科学」と、環境や病原菌などに対する作物の反応を分子生物学や遺伝子レベルで解明する「植物分子科学」について総合的に学び研究することで、実践力と応用力を修得します。

2年 3年 4年

栽培科学領域
栽培の理論と技術、新しい栽培法などについて学ぶ。

植物分子科学領域
環境・病原菌などに対する反応(生理・生態)を分子・遺伝子レベルから理解する。

専門基礎科目

  • 専門基礎科目
  • 肥料学
  • 植物遺伝学
  • 農薬学概論
  • 植物病理学
  • 作物生産科学基礎実験・実習

専門科目

  • 野菜園芸学
  • 昆虫学
  • 植物生理学
  • 土壌学
  • 有機栽培論
  • 植物育種学
  • 植物分子科学実験・実習
  • 果樹・鑑賞園芸学
  • 農業気象学
  • 環境微生物学
  • 栽培科学実験・実習
  • 卒業研究Ⅰ
  • 卒業研究Ⅱ
  • 卒業研究Ⅲ
  • 卒業研究発表会

PICK UP 授業

野菜園芸学

野菜類の品種、生育特性、栄養成分の特徴などを理解し、減農薬栽培や施設栽培の技術、国内外での消費トレンドや消費者が求める品質などを学びます。

有機栽培論

農業と環境・生態系との相互影響を理解し、有機農業や生態系にやさしい農業の考え方、栽培技術、土壌管理技術、雑草防除技術、農業経営などについて学び、マーケットインの考え方を取り入れた生態系と調和した農業について学びます。

植物分子科学実験・実習

最新の分子生物学的手法(遺伝子解析など)や植物生理学的手法を修得し、これらを用いて作物や微生物を解析することにより、分子レベルで栽培方法の異なる作物の品質や品種の病害抵抗性などについて体験的に学びます。

卒業後の進路

食料産業界は約116兆円規模への成長が見込まれ、大きく活躍の場が広がっています。本学で「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶことで幅広い食の分野で活躍できる人材を育成します。

卒業後の進路

Student’s Voice

10年後に生き残る農業を考える

アグリコースでは、特に栽培学について学びたいと思っています。実際に授業を受けてみて、肥料の割合など、実家の農業を手伝ったときには感覚でしか分からなかったものが、きちんと化学を学んだことによって、根拠と計算をベースにしてなりたっていることが理解できたのは新鮮でした。野菜の様々な品種を生み出したいとも思っているので、自分が将来挑戦してみたいことのベースになる栽培学をしっかりと学んでいきたいです。

今、農業の形はどんどん変わっているので、10年後の農業は全く違う形をしているかもしれません。形を変えていく農業に対応できるような栽培学や農業技術について学び、10年後にも生き残れる新しい農業の形を作っていきたいです。

食料産業学科2年 アグリコース
沖津 和明
(神奈川県:湘南学園高校出身)

TOPICS

食農セミナーの実施

週に1回、「食農セミナー」を学内で実施しています。本学の教員の研究内容や農学における最近のトピックスが紹介され、学生も交えて専門分野の異なる教員が自由な雰囲気でディスカッションを行っています。これによって学生の学びと研究へのモチベーションが高まり、学生や教員間の研究や研究に対する考え方が活発に議論されています。

コース長メッセージ

作り手に喜ばれる環境にやさしい農法を開発し、食べ手に喜ばれる作物をつくる

私たちが健康に暮らすためには、おいしくて栄養のある食物を食べること、環境や生態系を守ることが大切です。栄養が豊富でおいしい作物を低コストでつくるために、環境だけでなく生産者にも負担をかけない有機農業などの技術や情報技術(IT)を活用した先端的な施設栽培技術などを開発することを目指しています。

学生の皆さんには、現場を実感できる講義・実習・研究で実践力を身につけてもらい、地域の人たちと一緒になって、新しい技術を作り上げてほしいと考えています。農業と食料産業が盛んな新潟の地で、ともに学び、日本や世界の農業、地域の発展に貢献できる力を自分のものにしてみませんか。

教授 伊藤 豊彰

その他のコース

コース配属後も、他のコースの講義科目を履修することが可能です。共通課程とあわせて「食」「農」「ビジネス」の総合的な理解を深めることができます。