アグリコース

人と環境にやさしく、
安全でおいしい作物を「つくる」

食物の栽培・生産を中心に専門分野への就職を目指すことが可能です。
またフード(加工)、ビジネス(経営・経済)を一体的に学ぶことにより、将来幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

学びのキーワード

  • #環境保全型農業
  • #有機栽培
  • #生態系活用型農業
  • #廃棄物のリサイクル
  • #土壌改良
  • #作物診断
  • #高品質農産物生産
  • #先端的施設園芸
  • #ICT農業 など

コースの魅力

011年次から3年次までの切れ目ない実習

1~3年次まで切れ目なく実習科目があり、学んだ知識を体験に変えて実践力を修得します。さらに、学外の試験研究機関や生産組織(農業法人やJAなど)の見学、共同研究に実際に参加することにより、学んだ技術の応用力を養います。

02充実した教育環境

学内外に畑・水田・ガラス温室があり、無農薬栽培・有機栽培の実習や作物生理・微生物にかかわる研究ができます。作物の品質解析や水・土壌・作物体を対象にした微量元素分析、遺伝子解析ができる最新機器も学内に揃っています。

Student’s Voice

農作業の効率化と経営面のコンサルティング。
自分の夢に合わせて横断的に学べます。

農作業の効率化と
経営面のコンサルティング。
自分の夢に合わせて
横断的に学べます。

将来は、新規就農者や農家さんのサポートをする仕事がしたいと考えています。

まず育種や土壌、植物病理学、植物遺伝学などを中心に学び、農業における課題を解決するための知識・技術を身につけたいです。アグリコースの魅力はとにかく先生たちが熱いところです。学生がやりたいと思ったことを形にしてくれるので、今やりたいことがない人でも先生たちと一緒に自分の可能性を広げられると思います。また、アグリコースの授業に加えて、産業として農業が発展していけるように、農業政策や流通なども学んでいます。

農業の技術の知識とビジネスの視点で、就農支援や農作業の効率化などをコンサルティングできるようになりたいです。

食料産業学科3年 アグリコース
酒井 翔平
(長野県:塩尻志学館高校出身)

農業の楽しさをより多くの人に伝えたい!

農業の楽しさを
より多くの人に伝えたい!

1年生の実習で学んだことや講義で学んだことを、2年生の実習で実践的に応用できていると実感しています。アグリコース以外の授業も履修していて、マーケティングや食品製造なども学んでいます。異なる授業で同じキーワードが取り上げられると「食」は「フードチェーン」でつながっていて、視点を変えても重要なことは共通しているのだと感じました。

生産者の方と接するなかで、その土地でしかできないものや作る人のこだわりを知り、そこに消費者の目線を取り入れ、より多くの人に商品を届けたいと思うようになりました。今後は、環境に合わせて栽培方法を変えられるような実践力や栽培管理の技術を身につけて、生産者をサポートしたり農業の楽しさを多くの人に体験してもらえるような場所づくりに関わっていきたいです。

今やりたいことが決まっていなくても大丈夫!大学で出会う友達や先生と話すなかで将来のことを考えられるようになるよ!

食料産業学科3年 アグリコース
大井 望里
(山形県:庄内農業高校出身)

もっと先輩の話を聞いてみよう!

在学生インタビュー

学びとカリキュラム

カリキュラム(2年次以降)

人と環境にやさしく、安全でおいしい作物の生産のため、作物の生理・生態や生産技術にかかわる「栽培科学」と、環境や病原菌などに対する作物の反応を分子生物学や遺伝子レベルで解明する「植物分子科学」について総合的に学び研究することで、実践力と応用力を修得します。

カリキュラム
2年次

栽培科学領域
栽培の理論と技術、新しい栽培法などについて学ぶ。

植物分子科学領域
環境・病原菌などに対する反応(生理・生態)を分子・遺伝子レベルから理解する。

専門基礎科目

  • 肥料学
  • 植物遺伝学
  • 農薬学概論
  • 植物病理学
  • 作物生産科学基礎実験・実習
3年次

専門科目

  • 野菜園芸学
  • 昆虫学
  • 植物生理学
  • 土壌学
  • 有機栽培論
  • 植物育種学
  • 植物分子科学実験・実習
  • 果樹・鑑賞園芸学
  • 農業気象学
  • 環境微生物学
  • 栽培科学実験・実習
  • 卒業研究Ⅰ
4年次
  • 卒業研究Ⅱ
  • 卒業研究Ⅲ
  • 卒業研究発表会

PICK UP 授業

野菜園芸学

「野菜類の品種」「生育特性」「栄養成分の特徴」などを理解し、減農薬栽培や施設栽培の技術、国内外での消費トレンドや消費者が求める品質などを学びます。

有機栽培論

農業と環境・生態系との相互影響を理解し「有機農業や生態系にやさしい農業の考え方」「栽培技術」「土壌管理技術」「雑草防除技術」「農業経営」などを学びます。さらに「マーケットイン」の考え方を取り入れ、生態系と調和した農業について学びます。

植物分子科学実験・実習

最新の分子生物学的手法(遺伝子解析など)や植物生理学的手法を修得し、これらを用いて作物や微生物を解析することにより、分子レベルで栽培方法の異なる作物の品質や品種の病害抵抗性などについて体験的に学びます。

教員紹介

コース長

伊藤 豊彰

Toyoaki Ito
アグリコース長 教授

学位 農学博士 東北大学 1994年取得
専門分野 土壌肥料学、栽培学、環境科学
研究テーマ
  • 気象変動に強い高品質水稲生産のための土壌肥料技術
  • 土壌と作物の迅速栄養診断技術の開発
  • 農業生物の機能を活用した農業技術の開発
  • 有機栽培や冬期湛水などの環境と生物にやさしい農業生産技術

専門・研究の分野

教授・講師陣

本学は、食・農・ビジネスの各分野で教育・研究実績豊富な教員に加え、大手食品メーカーや大手企業での実務経験豊富な教員が複数名在籍しており、実社会に活かせる実践的な知識・技術を身につけることができます。

食料産業学科 教員紹介

資格と進路

取得可能資格

卒業後の進路

食料産業界は約116兆円規模への成長が見込まれ、大きく活躍の場が広がっています。本学で「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶことで幅広い食の分野で活躍できる人材を育成します。

卒業後の進路

TOPICS

食農セミナーの実施

週に1回、「食農セミナー」を学内で実施しています。本学の教員の研究内容や農学における最近のトピックスが紹介され、学生も交えて専門分野の異なる教員が自由な雰囲気でディスカッションしています。これによって学生の学びと研究へのモチベーションが高まり、学生や教員間の研究や研究に対する考え方が活発に議論されています。

おすすめコンテンツ

食料産業学科 その他のコース

コース配属後も、他のコースの講義科目を履修することが可能です。共通課程とあわせて「食」「農」「ビジネス」の総合的な理解を深めることができます。

学ぶ環境を知る

大学生活を知る

入試を知る

在学生インタビュー

本学の学びを実感している先輩に、NAFUの魅力を聞いてみよう!

在学生インタビュー一覧へ

オープンキャンパス

オープンキャンパスで、もっとNAFUを知ろう!

受付中
2020年9月26日(土)~2020年9月27日(日)土日開催!個別オープンキャンパス
10:00~16:30(受付09:30~)