フードコース

「食べる」ニーズに応えて
食品の新たな価値を追究する

食物の加工・開発を中心に専門分野への就職を目指すことが可能です。
またアグリ(生産)、ビジネス(経営・経済)を一体的に学ぶことにより、将来幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

フードコースの魅力

食の第一線を担う教授陣

食品関連企業で開発・安全管理の第一線を担ってきた教員や、食品科学・食品プロセス・食品リサイクル・発酵食品・環境などの分野で先端的な研究を行ってきた教員が、実社会で役立つ実践力を修得できるよう教育を行います。

現場で必要な力を学ぶ実験・実習

実験・実習を通し、身近な食品を自分で作ることで、家庭や大学での実験と食品工場での製造加工との違いを実体験します。理論と実践を常に結びつけて考えることで、今何が必要とされているのかを考え、それを解決する力を身につけます。

取得可能資格

カリキュラム(2年次以降)

食品産業で必要とされる知識・技術を身につけるため、栄養・機能・発酵・分析など食品成分の生体機能について学ぶ「食品科学領域」と加工・物性・安全・環境など食品成分の特性を活かした利用・製造・加工技術を学ぶ「食品プロセス学領域」について相互的に学び研究することで、実践力と応用力を修得します。

2年 3年 4年

食品科学領域
食品の栄養・機能・成分について学ぶ。

食品プロセス学領域
食品の利用・製造・品質について学ぶ。

専門基礎科目

  • 食品栄養学
  • 食品化学
  • 食品微生物学
  • 食品安全学
  • 食品製造学
  • 食品生産科学基礎実験・実習
  • 食品物性学
  • 科学Ⅰ
  • 科学Ⅱ

専門科目

  • 食嗜好科学
  • 微生物利用学
  • 食品分析学
  • 健康栄養学
  • 保蔵学
  • 環境技術学
  • 農産物利用学
  • 畜・水産物利用学
  • 食品安全管理システム論
  • 食品科学実験・実習
  • 卒業研究Ⅰ
  • 食品プロセス学実験・実習
  • 卒業研究Ⅱ
  • 卒業研究Ⅲ
  • 卒業研究発表会

PICK UP 授業

食品安全学

食品衛生に関する基礎知識、将来食品産業に携わるものにとって必要な食の安全に関する知識について学び、食の安全にかかわる諸問題に科学的根拠に基づいた対応ができる知識・技術を修得します。

微生物利用学

食品製造における微生物機能の利用という観点から、微生物利用を歴史的な面から捉えると共に、微生物学の基礎と応用の相互関係を理解しながら、微生物バイオテクノロジーの基礎概念と今後の有効利用の可能性について学びます。

食品科学実験・実習

食品の定性および定量分析の原理、食品中の一般成分分析、成分分離および食品の加工・保蔵に関与する性質の測定、無菌操作、培養、滅菌、顕微鏡観察、性状検査技術などを修得します。

卒業後の進路

食料産業界は約116兆円規模への成長が見込まれ、大きく活躍の場が広がっています。本学で「食」「農」「ビジネス」を一体的に学ぶことで幅広い食の分野で活躍できる人材を育成します。

卒業後の進路

Student’s Voice

「米粉発祥の地」からお米の消費拡大を考える。

高校でも食品化学を学んでいましたが、食品の安全や衛生、加工について発展的に勉強がしたいと思い、さらに食料の“生産”にも興味があったため、食・農・ビジネスを一体的に学べる本学を志望しました。“食”にかかわる学びは、身近な存在なのに知らないことが多く、日々新しい発見があってとても楽しいです。疑問に思ったことがあれば、先生や友だちが一緒に考えてくれる環境があることも本学の魅力だと思います。私の地元でもある胎内市は「米粉発祥の地」と呼ばれているので、米粉の成分・機能の分析の知識・技術を身につけて、将来は米粉の加工やお米の消費拡大に携わりたいです。

食料産業学科3年 フードコース
加茂 清花
(新潟県:新発田農業高校出身)

TOPICS

ワークショップの実施や課外活動のサポート

味噌・醤油などの発酵食品や和菓子などを手作り体験するワークショップを実施しています。また、学生が主体となって行う地域連携プロジェクトのサポートとして、地元農家と協力し地元の農産物の食品としての特徴、加工特性を活かした新たな地元特産品となる商品の開発に取り組んでいます。

その他のコース

コース配属後も、他のコースの講義科目を履修することが可能です。共通課程とあわせて「食」「農」「ビジネス」の総合的な理解を深めることができます。