「ビジネスプランニングⅡ」にて優秀者プレゼンを実施

食農大の日常 2019.11.20

11/19(火)2年生の共通科目「ビジネスプランニングⅡ」にて優秀者プレゼンを実施しました。

2年生前期より「ビジネスプランニングⅠ」にてグループでの事業計画作成を学び、
後期のこの授業では、個人で事業計画を作成できることを目標にしています。

隔週で2コマ(180分)を使い、外部の専門家4名とビジネスコース教員によるゼミ形式でのアドバイスを得ながら、学生自身が各自で魅力あふれる事業計画を考えてきました。

この授業でのポイントは”全員がプレゼンテーションを行うこと”
自分の考えていることを、事実やデータを根拠として、相手にわかりやすく伝える力を身につけるために、ゼミごとに全員が発表できる場を設けました。

今日の発表会では、ゼミ内の発表で優秀者として選ばれた学生たちが2年生全員の前で発表を行いました。

発表した内容は
・ARを使った農機具操作導入アプリ
・調理器具レンタル事業
・ICT農業導入コンサル事業
・新潟米でベトナム生麺フォーを作成・販売
・高齢農家の農産物を販売する事業

の5つです。

どれも学生たちが日ごろの学生生活を通して抱いた”課題”を、事業を通して解決しようとするもので個性が光っていました。


発表後は学生や授業に携わっている専門家の方々から質問やアドバイスをいただきました。


今後の事業計画の考え方の参考になるものばかりだったようです。

授業は折り返しとなり、また次回3回の授業で今回とは別の事業計画を考えるとのこと。

発表した学生は「伝えたいことはいっぱいあったけど、それをうまくまとめて発表するのが難しかった。次回はもっと伝えること意識していきたい」と話してくれました。

授業を担当する松村順二先生(ビジネスコース)は、
「個人で事業計画を作るのは初めてだったが、専門家の先生のもとで基本を学ぶ機会になったのではないか。今回取り組んだ問題意識が卒業研究など今後の学びにつながっていけばうれしい」と話していました。

授業後半の発表が楽しみですね

関連記事

NAFUマガジン一覧へ