アグロフードセミナー

趣旨

アグロフードセミナーでは、食・農・ビジネスに関わる様々なテーマで公開セミナを開催しています。今後は各アクターが実践するSDGsの課題解決に資する取り組みもテーマに盛り込み、企業、地 方自治体、国際機関等の方々をスピーカーとしてお招きし、今、そしてこれからの食料産業界に水の られるコト・モノについて深堀をするセミナーを展開していきます。

過去のセミナー内容

2020年度アグロフードセミナー(新潟食料健康研究機構発足記念シンポジウム)

日時 2021年2月17日(水)13:30~16:00(オンライン形式 )
テーマ 持続可能な社会における食と健康
内容

学長挨拶/機構概要説明

第1部 新潟食料健康研究機構 発足記念講演
「食と健康でビジネスチャンスを広げる」
講演者:株式会社ブルボン 代表取締役社長 吉田 康氏

第2部 パネルディスカッション
「未来の食と健康を考える」

ファシリテーター:
新潟食料農業大学 社会連携推進室長 武本 俊彦

登壇者:
株式会社ブルボン 代表取締役社長 吉田康氏
新潟食料農業大学 新潟食料健康研究機構 機構長 中井裕
新潟食料農業大学食品科学研究所所長 丸山純一

当日の概要ははこちら

2019年度アグロフードセミナー

第2回

日時 2019年 12月10日(火)13:30~16:30
テーマ 持続可能な社会における食と健康
内容
  1. 「ICT技術を利用した生産情報の解析とノウハウの共有」
    講師:農研機構 野菜花き研究部門 野菜生産システム研究領域 生産工学ユニット長 岩崎泰永氏
  2. 「ICT技術を活用した賢い施設生産」
    講師:農研機構 野菜花き研究部門 野菜生産システム研究領域 施設生産ユニット上級研究員 安東赫氏
  3. 総合討論

当日の概要はこちら

第1回

日時 2019年6月11日(火)13:30~16:30
テーマ スマート野菜園芸、今とこれから
後援 日本政策金融公庫新潟支店
内容
  1. 「日本における野菜園芸研究の技術的展望」
    講師:農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究調整官 中野明正氏
  2. 「植物生理に基づいた施設園芸の環境制御」
    講師:農研機構 野菜花き研究部門 野菜生産システム研究領域 施設生産ユニット長 東出忠桐氏

当日の概要はこちら

2018年度アグロフードセミナー

第3回

日時 2019年1月22日(火)13:30~16:30
テーマ 容器開発が食料産業に与えるインパクト
内容
  1. 「しょうゆ容器の変遷と新容器の開発」
    講師:キッコーマン食品株式会社 容器包装開発チームリーダー 桑垣傳美氏
  2. 「株式会社悠心の商品開発と知的財産戦略」
    講師:株式会社 悠心 代表取締役社長 二瀬規氏

当日の概要はこちら

第2回

日時 2018年10月29日(月)13:30~17:00
テーマ 新潟における食料農業の未来
内容

主題解説

新潟食料農業大学客員教授・学術顧問、宮城大学名誉教授 大泉一貫氏

講演

  1. 「スマートアグリにより進化する新潟食料産業の未来」
    講師:ベジタリア株式会社 代表取締役社長 小池聡氏
  2. 「ニューフードバレーの現在と加速化の条件」
    講師:新潟市農林水産部ニューフードバレー特区課長 齋藤和弘氏
  3. 「オランダのフードバレーモデル -オランダ農業食品ビジネスの成功要因-」
    講師:オランダ大使館参事官 エバートヤン・クライエンブリンク氏

パネルディスカッション

コーディネーター:
大泉一貫氏

登壇者:
ベジタリア株式会社 代表取締役社長 小池聡氏
新潟市農林水産部ニューフードバレー特区課長 齋藤和弘氏
オランダ大使館参事官 エバートヤン・クライエンブリンク氏

当日の概要はこちら

第1回

日時 2018年10月5日(金)13:30~17:00
テーマ 改正食品衛生法公布とフードチェーンの安全について
後援 日本政策金融公庫新潟支店
内容
  • 「食品安全文化とリスクマネジメント」
    講師:日本食品分析センター学術顧問 -色賢司氏
  • 「改正食品衛生法が食品事業者にもたらすもの」
    講師:新潟県食品衛生協会専務理事 牧 吉範氏
  • 「米国食品安全強化法(FSMA)と日本の伝統食品」
    講師:キッコーマン食品株式会社 品質管理部長 佐々木努氏
  • 「国内外へ多店舗展開する外食産業の衛生管理」
    講師:株式会社トリドールホールディングス 草野 篤氏